カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/23 (Sun) 10:41
英語の才能

 私なりに英語の才能について考えてみました。何よりも一番大事なのは、英語が好きであることです。「好きこそものの上手なれ」とよく言いますがまさにそのとおりで、たとえばプロ野球選手の中に、野球が嫌いでやっている人はほとんどいないと思います。英語が好きな人はぜひ嫌いにならないように努力してください。
 気合も大事です。何か自分にとって苦痛なことを続けるためには、どうしても気合が必要です。仮に英語が好きでも、ある程度の時間勉強していたら苦痛になってくると思います(もし苦痛にならなければ、その人は間違いなく英語の達人になれます)。それゆえこの「気合」も本当に大事です。
 3つ目てとして考えられるのが、言葉に対する感覚、すなわち「語感」というものです。語感が鋭い人は、それほど文法とか知らなくても、単語さえわかればある程度英語を理解することができます。よく、国語ができる人は英語もできるといわれますが、それはこの語感を意味しているのだと思います。
 最後にかんがえられるのが、さまざまな知識です。たとえば私は環境問題とかに興味があるので、その分野の英文については全く知らない分野の英文に比べてすらすらと読むことができます。もちろんこの場合、その知識は英語ではなく日本語の本やメディアから手に入れています。
 すなわち漫画が好きな人であれば、漫画について書かれている英文については、漫画が嫌いもしくはほとんど読まない人に比べて、すらすらと読めるのです。政治、経済、数学、哲学、生物、、、、、、、、、
挙げたらきりがありませんが、様々な分野について知識が豊富な人は、それに比例して読みやすい英文も多くなるのです。

 1番目以外は、英語とは全く無関係な能力ですが、とても大事な能力だと思います。ちなみに私は気合以外は全く才能がありません。ただ、3番と4番については、簡単に鍛えることができます。これについては次回に書きます。ただなんとなく答えがわかった人はいるかもしれませんね。

 <昨日の勉強時間>約2時間。内容→ジオス英会話、フルハウス、簡単な英語の本を読む。

 
 
スポンサーサイト

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。