カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/01/31 (Sun) 18:03
今日の一言

 Never give up!


 またまたベタですが・・。



続きを読む »

スポンサーサイト

2010/01/30 (Sat) 07:28
今日も一日頑張っていきましょう。

 今日はもちろん学校はお休みなのですが、昨日すべての宿題を終わらせたので、今日明日自分の勉強に集中できます。ぶっちゃけ最低限のことはやったので、何をやってもいいといえばいいのですが、そんなことをしたら昨日までのささやかな苦労が水の泡になってしまうので、今日は家に缶詰め状態、明日は図書館に行くか家で勉強するか分かりませんが、とにかく気合を入れていきたいと思います。

 なんか書いていて、オーストラリアにいる気がしません。なんせ日本で書く勉強報告とかわりませんから。。

 とにかく今日一日頑張っていきましょう(^^)

2010/01/27 (Wed) 20:15
いつも見てくれてありがとうございます。

 いつも学校と家を往復しているだけで、何のネタもないのですが、とにかく更新してみました。勉強の合間にネットサーフィン(そんな時間があるなら英単語の一つでも覚えなさいという感じですが、、、。)をしていたら素晴らしい話を見つけたのでそれを転記して今日は終了とします(←本当に適当)。
 
 かなり長いので、時間がない方は注意してください(^^)。

 では!



続きを読む »

2010/01/26 (Tue) 13:57
Back to the Future

今日は学校が「オストラリア・デイ」とかいう祭日のためお休みです。で、これまで何回も見てきた「Back to the Future」を再び見ました。

 この映画何回見てもあきません。間違いなく私の中のベストムービーです。実はつい先日、最近人気の映画を見に行ったのですが、やはり「Back to the Future」にはかないません(^^)。
 
 何がいいかといいますと、全部です(笑)。非常に古い映画なので見たことがない人もいるかもしれませんね。見てない人はラッキーです。すばらしい感動をDVDを借りるなどして是非味わってください(^^)

 本当は勉強もかねて少しずつ見ていこうと最初は思っていたのですが、ついつい見入ってしまい、結局最後までみてしまいました。

 最後の方のシーンで、主人公のマーティに向かってお父さんが以下のセリフを言ったとき、かなり感動しました(何回も見ているくせに初めて気づいたのはなぜ?・・・・)。

 If you put your mind to it, you can accomplish anything.



 このセリフにこの映画のテーマが凝縮されているような気がしました。

 今日もこちらは暑いですが、マーティの如くがんばります!

2010/01/23 (Sat) 15:26
今後の目標。

 今日は現時点での今後の目標について書きたいと思います。これはオーストラリアにいる間ではなく、日本に帰ってからも勉強を続けて「とりあえずここまでたどり着けたらな~」という意味です。

 まずTOEICですが、950オーバーを今は目標にしています。900点到達までまだまだかかりそうですが、超えることを前提に考えています(←こんなこと書いていいのかな?)。それ以上の点数は今の時点では考えていません。というよりちょっと遠すぎるので(笑)。

 スピーキングは、思ったことを90パーセント流暢(今は30パーセントくらいです<><>)に言えればと思います。発音ですが、きれいでなくてもいいので、少なくともネイティブの人が聞き返さない程度の発音は身につけたいと思います(今の時点ではかなり難しいです。でも練習次第でこの目標は確実に達成できると思っています)。

 リスニングは、映画を字幕なしで90パーセント理解すること。未知の単語、文化、時代背景などを理解できなければ100パーセントは無理だと思うので、90パーセントというのは相当高い数字だと思っています。

 リーディング → ペーパーバック、新聞など辞書なしで「ふふふ~ん」と言いながら読めればと思います(^^)。

 
 ライティング → 特になし(爆)。必要になった時にがんばります。

  
   語彙 →   まず10000語レベルまで認識語彙を持って行き、最終的には20000語を越したいです(言っちゃった・・・)。運用語彙はどこまで達すればいいのか分かりませんが、認識語彙が2万を超えれば、運用語彙もかなりの数になるのではと思っています。

 これはあくまで今の時点なので、今後の展開次第で上方下方修正することもありえます。というか上方修正できるよう頑張っていきます。

 まー問題はいつこれらの目標が達成できるかですね・・・。

 四の五の言ってないで今から勉強再開です!




2010/01/22 (Fri) 17:18
なぜか燃えてます。

 なぜか今さら火が付きました。燃えまくりです(燃えて灰にならないように気をつけねば)。とにかく今日は音読大魔王として、音読しまくりたいと思います。

 ホストファミリーに「シャラップ」と言われようが、しかとします(笑)。

 では!

2010/01/21 (Thu) 17:56
役に立たない単語学習講座(1?)

 (1?)としたのは、また気がむいたら似たような記事を書くと思ったからです。最近 pigment(顔料、色素)(着色する、染まる)という単語を以下の例文を使って覚えました。

 What kind of pigments does he use ?

 覚える際に私の場合、昔培ったあらゆるくだらない知識を使います。

 この単語を見たとき最初に思い浮かんだのが、ウルトラマンに出てくる「ピグモン」です(機会があれば「ガラモン」も使いたいと思います。

 何かをピグモン(人形でもマネキンでもなんでもいい)に塗っているイメージを頭に浮かべながらこの例文を音読したら、pigmentのイメージが頭にスーッと入りました。

 ここで大事なのはあくまでイメージは記憶する際の呼び水であって、定着させるにはやはりある程度の反復が必要だということです。

 この単語TOEICには出そうにありませんが、興味のある方(特にピグモンを知っている方)は暗記してみてください(^^)。

 (2)はまた気が向いたとき(いつ?)に書きたいと思います。

2010/01/19 (Tue) 16:17
なんか

 ブリズベンに来てから、日本で勉強しているのと変わらないような毎日を過ごしています。ホストファミリーやクラスメイトと英語で話す以外は、ほとんどこちらの人と話す機会がありません。正確には機会をつくれません。

 というのは、今のコースがなかなかタフで、宿題プラスアルファーをしたら一日が終わるという感じです。ということでどこにも観光に行っていませんし、たぶん行けません(笑)。(笑)マークをつけた自分は相当な変●かも知れませんが、人間って悲惨な状況(私のように特に深刻でなければ)笑うんですよね。今はそんな感じです。

 要領も悪いので、音読する題材が無限のようにあります。こんな経験は今後なかなかできそうにないので(特に日本に帰ったら)、勉強できる喜びを感じながら、日々楽しく過ごしていきたいと思います。

 

2010/01/18 (Mon) 18:57
今日の一言

 一日一日を大切に生きる。  


 以上。

2010/01/17 (Sun) 19:00
努力(2)

 「夢のある苦労の事を努力と言う」

ある目的を達成するために、途中で休んだり怠けたりせず、持てる能力のすべてを傾けてすること。(『新明解国語辞典』より)

 昨日、世界の王さんと自分の努力を比較するというたわけたことをしてしまいましたが、「夢のある苦労」とはまさに「努力」という言葉の核心をついていますね。

 「夢のある苦労」、なんかかっこいいですね(^^)。

 一番大事なことは自分の努力を他人と比較することではなく(これはこれで大事だとは思いますが)、どこまで夢や目標に向けて自分なりに頑張れたかなんですね。

 明日からまた気合いの一週間が始まりますが、自分の立てた目標に向けて努力していきます。

 皆さん今週もがんばっていきましょう!

2010/01/16 (Sat) 18:13
努力

 こちらに来て、自分なりに日々努力しているつもりでいましたが、実は努力をしていないことに昨日気づきました(←遅すぎ!)。それは以下の王貞治さんの言葉を知ったからです。


 努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない 王貞治

 
 誤解される前に書きますが、もちろんそれなりに頑張ってきたので、英語力上達も多少なりともしていると思います。ただ、この王さんの言葉は正直私にとって衝撃的でした。

 王さんは果たしてどれだけ頑張ったのでしょうか?王さんの努力が本物の努力だとしたら、私が今までの人生の中で努力だと思っていたことは、実はそれは自分の中の努力であり、努力とは呼べない気がします。字で表すと、最初の字の「努」にも達していませんね。「努」という字が7画であることを考えると、せいぜい最初の一画か二画あたりだと思います。

 王さん並の努力を英語に向けてできれば、間違いなくだれもが夢見るネイティブ並の英語力がつくと思います。否そのネイティブさえ超えると思います。

 王さんは世界一の努力家の中の一人ですから。

 残りのわずかな期間、本物の努力に少しでも近づけるよう、気合いを入れていきたいと思います。

 

2010/01/15 (Fri) 18:45
超特急

 英語学習を電車に例えると、乗っている時間が勉強時間、停車している時間が勉強以外の時間、そして降車している時間が長期休養、もしくは止める時かもしれません。

 人それぞれ上達の速さも違うわけですから、ある人は鈍行、またある人は快速や特急、そして一部の人は超特急に乗る人と例えられます。そしてそれぞれの最終駅に向かって進んでいきます。

 私はもちろん鈍行の中の鈍行(ていうか、電車ではなくサイクルモノレール並に遅いかもしれません)に乗って進んでいっています。ただ私の場合は、去年の前半から今年にかけて、誰よりも長く電車サイクルモノレールに乗っています。それゆえ、TOEIC900が東京から福岡?あたりと考えると、山口県あたりまで来たかもしれません。

 鈍行に乗っている人は永遠にスピードを上げられないかというと、もちろん答えはノーです。人間の可能性は無限なので、普段よりも集中力を上げたり、工夫に工夫を重ねることにより誰でも超特急に乗ることが可能だと思います。

 私も今更ながら、日々工夫して学習しています。鈍行から通勤快速くらいまでは上がったんではないかと思います(最初からやれという感じですが・・)。

 ただ、あきらめないで続けてきたからこそ、わずかながら上達が感じられたわけであり、その過程で自分の勉強法をどう工夫すればいいのかがわかったんだと思います。やはり「続ける」ということが一番大事ですね。

 超特急のスピードで英語学習をしている人も最初は鈍行スタートだったのかもしれません。ただその人たちは常に勉強方法を工夫して進化して、日頃の努力を怠らないで続けてきた人たちなんだと思います。

 さらに鈍行だって、勉強時間を増やして、常に気合いを入れて勉強し続ければ、いつか超特急に乗れる人に近づけるはずです。その人たちに近づいたということは、そのレベルは、始めた頃と比べると信じられない高みにまで上がっていることでしょう。

 ひたむきな努力を続けながら徐々にスピードを上げ、いつか超特急に乗ってTOEIC900を突き破りたいと思います。そして次の行先は母親の実家の長崎です(950?←いつになるかわからないのは言うまでもありません)。

 ちょっと停車しすぎたので、今から快速に飛び乗りたいと思います!

 

 ちょっとベタですが・・・。

 

続きを読む »

2010/01/12 (Tue) 17:22
日頃の勉強(5)

 今日は英単語の覚え方について書きたいと思います。事前に言っておかなければならないのですが、私のやり方は、効率も悪く、テスト対策としても向いていないと思います。それゆえ、ここで興味がなくなってしまった方は、この後は読み進めないことをお勧めします(なんかこんな記事ばかり書いているような・・・)。

 最近は特にインプットの学習が以前に比べて格段に増えたので、単語、熟語、構文等をまとめて覚えています。私の場合、授業で使えそうな単語等に出くわしたら、まず小さなメモ帳にその単語を書きます、その際なのですが、英語の場合一つの単語にたくさんの意味があるので、どのような意味であるかを英語で(時間がない時は日本語で)書きます。

 で、授業以外の時間にその単語を使った英文を電子辞書からひっぱってきて(例文を自分で考えるのがベストなのでしょうが、ものぐさなもので・・・<笑>)、それを専用ノート(ただのルーズリーフです)に書きこみ、得意の音読暗唱(森沢メソッドを使い、一日10回を5日に分けて、50回で終了です)をするというものです。

 で、音読暗唱する際も発音記号に気をつけたり、単語(接尾辞等もチェックしています)や例文のイメージを頭で浮かべて、暗唱しています。

 この方法は効率の面でいうとよくないと思っています。さらに50回という数を決めてその後はやりません(ていうか100回にすると、それだけで一日が終わる可能性があるので)。

 これだけやっても忘れるものは忘れます。ただ、私の場合はTOEICを除けば試験等を目指しているわけではないので、忘れてしまうような単語はそれほど重要でなかったんだと居直ります。

 なぜなら、大事な単語等はまた必ず、新聞を読んだり「フレンズ」を見たり、多読しているときに出会うはずだからです。

 再び出会わない単語イコール私の中ではそれほど重要ではない単語と勝手に位置づけています(それほど多読や多聴をしているわけではないので、次から次へと消えてなくなりそうですが・・・)。

 結論としては、単語を覚えるのはとても大事なのですが、それ以上に多読や多聴をする方が大事なような気がします(もう少し英語ができるようになったら、また意見も変わるかもしれません。)

 まーこんな感じで毎日やっております。では、今から単語の勉強始めます!

2010/01/11 (Mon) 17:44
日頃の勉強(4)

 今日は久しぶりに英語に関する記事を書きたいと思います。今まで大まかに英語4技能のうちの、スピーキング、リスニング、リーディングについて書いてきたので、今日はライティングについて書こうと思います。

 ライティングについては、シドニーにいる時は、月に一回か二回決められたテーマにそって文章を書き、それを先生に添削してもらうということを繰り返していました。というかそれ以外やっていません。

 あるネイティブの先生曰く、ライティングはとてもいい勉強の一つだそうです。その理由を聞いたら、スピーキングはそのたびそのたびで直したら、失礼だし、そんなにしょっちゅう直している時間もないけど、ライティングならしっかり直してあげられるとのこと。

 ちなみに私は電子辞書の恩恵を与って、ライティングの点数はまずまずでした。ちなみにこちらブリズベンで私が選択したコースでは、週に二回ライティングの課題を提出しなければならないので、なかなか大変です。

 せっかくネイティブに添削してもらえるんだから、もうちょっとライティングにかける勉強量を増やすべきなんでしょうが、どうしても他の三技能の勉強に特化しがちですね。

 ライティングに関しては、とにかく書きまくって、添削されまくるしかないのではないかと思います(また日本語が怪しい・・・。)。

 もし誰かに私の日本語を添削してもらったら、さぞとても低い点数が出ることと思います(笑)。

 次回は調子に乗って、単語の覚え方について書きたいと思います!

 

 

2010/01/10 (Sun) 16:13
こちらで聞いたちょっといい話。

 昨日、ありがとうにまつわるいい話を書くと宣言したので、めずらしく宣言を守ろうと思います(笑)。

 先週、今通っている学校で日本人向けのガイダンスを受けました。私は新人とはいえ、もうオーストラリアに9か月くらいいますが、ガイダンスに参加したメンバーのほとんどがこちらが初めてという人でした。

 その中である女性が、こちらにきてすごい体験をした話を聞かせてくれました。彼女は結構方向音痴らしく、あまり道を覚えるのも得意ではないみたいでした。

 ある日彼女が、バスに乗ってホームステイ先に帰っていった時です。こちらのバスはアナウンスとか一切しません(少なくともブリズベンとシドニーは)。それゆえ、自分の乗った停留所とかしっかり覚えていなければならないのは言うまでもありません。

 で、彼女はうろ覚えだったみたいで、「ここかな、否ここかな」と思っているうちに、降りなければいけない停留所はとっくの父ちゃんですぎてしまい、最終的に終点までバスに乗ってしまったそうです。

 もちろんどうしたらいいか分かりません。で、バスの運転手さんに、乗り越してしまった旨を伝えたら、「どうして早く言わなかったんだ」と怒られたそうです。

 その後「こちらに来て間もないことや、いろいろと事情を説明したら」、運転手さんがいきなり「ウェルカム」と言ってなんとバスを使って彼女の家まで送ってくれたそうです。

 「ウェルカム」と言われた時点で彼女は大泣きしたのは言うまでもありません。

 しかし日本と事情が違うとはいえ、普通に考えたらありえませんよね。

 この運転手さんのような人間になることが今年のというか、今後の目標です。私が運転手さんの立場ならどうするか考えましたが、流石にバスでは送っていかなかったことと思います(なんとか助けたとは思いますが)。

 いやー世の中いい人たくさんいるみたいですね(^^)。

 そんないい人の輪の中に常にいられるようにしたいと思う今日この頃の私です。

 今日も英語に関して一言も書かなかった・・・。

 

2010/01/09 (Sat) 11:04
今年の抱負

 今年の抱負を今頃書くのもどうかと思いますが、他のブロガーの皆さんも書いているみたいなので、真似して書いてみようと思います(あまのじゃくなので、本当は人のまねをするのはあまり好きではありません。ただし面白いと思ったギャグはまるで自分のギャグであるかの如く盗みます<笑>)。

 こちらにいると正月とかないので、抱負という言葉すら忘れていた私です。

 ちなみに去年は何て書いていたかを見ると、


 1、誰にも負けない努力を日々続ける。

 2、謙虚にして驕らず。

 3、反省のある毎日を送る。

 4、生きていることに感謝する。

 5、善行、利他行を積む。

 6、感覚・感性を伴うような悩み、心配事をしない。

 という稲盛和夫さんの、「6精進」を参考にしながら、

 「有言実行」というのを抱負にしてたみたいです(←って忘れていたのかあんたは!)


 忘れていたということは、できていなかったんだと思います。その前にブログでなにか宣言した記憶すらない(爆)。

 
 いつになく長い前置きはこれくらいにして、今年の抱負を書きます。

 1 「抱負を忘れないこと」 ←半分ギャグですが、半分本気です。

 2 「自分との闘いにかなりの勝率で勝ち越すこと」

 3 「ありがとうとたくさん言ってもらえるような人間になること」


 実はこれを書く前、抱負は「3」だけにしようと思ったのですが、急遽上の2つを作りました。

 「2」については、流石に去年は5割以上の確率で自分との闘いに勝ち越していますが、ものぐさなもので、負けてしまうことも多々あります。ベッドで横になったら起きないとか、まーいろいろです。

 「3」については、これはたぶん一生の抱負ですね。去年を振り返ってみると、多少は「ありがとう」と言ってもらえるようなことをしたかもしれませんが、全然まだまだです。

 自分という人間を磨けば、もっと人に貢献できるのではないかと思います。これは英語も含めてすべてについて言えますね。
 こちらで、「ありがとう」にかかわるいい話を聞いたので、次回はそれについて書きたいと思います。

 あと去年は全然TOEICについて書かなかったので、今年は少しでも書けるようにもしたいですね。タイトルが全く意味がなくなってしまうので。ちなみにこれは抱負ではありません。


 では!

2010/01/03 (Sun) 11:18
ブリズベン

  皆さんあけましておめでとうございます。

 ブリズベンというタイトルにしてみたものの、まだ一枚も写真を撮っていないので、写真を期待した方いらっしゃいましたら、ごめんなさい(><)。

 ブリズベンについての感想ですが、正直「暑い」です。日本のじめじめした暑さを思い出しました。シドニーも暑い時は暑いのですが、カラッとしていたのでそんなに気にしなかったのですが、こちらのは気になりまくりです(また怪しい日本語を使っていますね。)。
 
 新しいホストファミリーはニュージーランド出身のとても感じのいい方で、我ながらまたまたついているなと思いました。ちなみにホストファザーがあるブロガーの方に似ていまして、一発で「この人いい人だべ」と思いました(人を顔で判断するのはどうかと思いますが、とにかく人の良さそうな顔をしていて、実際にいい人です。)。

 家の周りは残念ながら鉄道は走っていないのですが、バス路線は充実していまして、さらに大きなショッピングモールが近くにあり、シドニーよりも周りの環境は良いと言えます。

 これだけ恵まれた環境にいるのですから、あとは勉強を頑張るだけです。

 とにもかくにも、今年もよろしくお願いします。

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。