カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/30 (Thu) 20:57
ちょっと休みます。

 明日と明後日、私用のためブログお休みします。普段はこんなこと書かないのですが(なんで今回にかぎって?)。今日もこれで終わりです。わざわざ訪問していただいた皆さん、申し訳ありません(><)。

 では、日曜日にまたお会いしましょう!

 
いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング


 
スポンサーサイト

2011/06/29 (Wed) 22:15
過去の勉強を振り返って(TOEIC200~400編)(2)

 今回のこのテーマの内容は、実はホームページに載せようと思っていたものです。ブログで書けばネタにもなって一石二鳥なので書いております。頃合いを見てホームページに多分要約したものを張り付けます。

 
 昨日、アメリカ口語教本を紹介しましたが、これの入門用は恐らく数ある音読教材の中でも最も簡単なものだと思います。実はこれを始めた当時英語がほとんど読めず(よく大学の授業についていけたな)、意味を理解しながら音読するなんてとんでもないことだったのですが、唯一この入門用でそれができました。

 きのう書き忘れたのですが、このアメリカ口語教本を始める前に中学英語をおさらいできるような本を一読しておりまして、なんとか超最低限の文法の知識はついていたと思います。

 

 で、話を昨日のラストに戻して、そうそう、これらで外人並の英語力になるなどという、とんでもない期待をしていたという話です。

 なんとか2冊合わせて400時間の音読なりオバーラッピングを終えたものの、一向に英語が話せる気がしません。もちろん言葉なんて出てきませんでした(当たり前です)。練習途中でうすうす気づいていたのですが、それだけで英語が望みどおり上達したら、日本のすべての語学学校は潰れてしまいます。
 ただ全く効果がなかったわけではなく、この時並行して勉強していた英検準2級の長文問題が結構スラスラ読めるようになったので、頭に直読直解の機能が多少ついたみたいです。

 その後、大学の授業で前置詞句の話が出て、目からうろこが落ち、これについて詳しく書いてある参考書を某大型書店であさっていて見つけたのが、いつもしつこいくらいにブログやらホームページで紹介している薬袋善郎先生の


 

 この本です。

 何度も書いていますが、この本、本当にやばいです。文部科学省でこの本を強制的に指定図書にして、学校の道徳の時間でも何でもいいので授業でやれば(理解できるまで生徒を家に帰さないなどの工夫が必要です^^)、日本人の英語力はめちゃめちゃ上がると思います。

 この本の最大の欠点は、ちょっとマニア受けするような感じの作りなので、読者を選ぶ傾向があります。でも、私のように本当は「この本をつかっちゃだめよ」というタイプの人間(要は理屈ではなく、感覚で英語の文章を読むような人)でも、無理やりにしてもなんとか理解できたので、気合いを入れれば誰でも取り組んでいけると思います。

 今現在英語が全然読めない人でも、この本をしっかり理解して読破すればほぼ間違いなくある程度英語が読めるようになります。

 
 私は「研究社」のまわし者ではありませんということをアピールして、続きは次回とさせていただきます。


 いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/28 (Tue) 22:18
過去の勉強を振り返って(TOEIC200~400編)(1)

 900を一回くらい超えたからと言って、こんなことを書くのもおこがましいとは思ったのですが、今回から何回かに分けて、TOEICの点数別の勉強法なり参考書について過去を振り返りながら書いていきたいと思います。

 実はこのブログを始めたころ、このような内容を中心に書いていたと思うのですが、もうずいぶん昔の話ですし、新たに心機一転の気持ちで書いていきたいと思います(ネタがないだけ)。

 私がやり直し英語の勉強を始めた時の実力は、TOEICで言えば200点前後という話はブログやホームページに書いたと思います。一応大学の英文科に所属していたのですが、外国人の先生が何を言っているか全くわからず(とてつもなくゆっくり話してくれていたにもかかわらず)、隣の人に「今、何て言ったんすか」としょっちゅう聞いていました(さぞ迷惑だったろうな)。

 そんな私がどんな勉強をしていたかと言いますと、大学の勉強(主に英文解釈)以外は特に何もせず、とにかく英語勉強法の本ばかり読んでいました。

 どれもほとんど記憶にないのですが、その中で私の印象に残っているのが、井上一馬さんの書いた「英語できますか?」という本です。今でも同タイトルで出ていますが(坂本竜馬が表紙?)、私が読んだのと同じかどうかは中身を見てみないとわかりません。

 そこでは、シュリーマンの学習法(要は「音読はめっちゃ大事だよ」ということ)が中心に書かれていたような気がします。

 で、この本では「アメリカ口語教本」(入門編、初級編)を学習参考書として勧めていました。詳細は忘れましたが、確かそれぞれの参考書の全文を200時間くらい音読すると脳に英語の回路ができるみたいなことが書いてあったような(あまりにも昔でうろ覚えです)。

 






 この教材確かにいいとは思うのですが、当時はCDは別売りで、今そのCD(初級編)が手元にあるのですが、なんと5840円もします。現在はCD付きで2000円前後みたいなので、あの当時よりはお得かと。
 あと、当時と内容が変わらないのであれば、かなりつ●●●●と思います(自重させてください)。

 レビューは賛否両論みたいなので、私にはこの教材の本当のすごさが分かっていないのかもしれません。

 ま~とにかく、毎日30分~1時間入門編のCDを音読したりオーバーラッピング(当時はこんな言葉知りませんでした)したりしていました。この時はそれほど時間数はかけていませんでしたが、これだけで相当な英語力がつくと本気で思っていました。「入門編と初級編を終わらせれば、限りなくネイティブに近づくぜ!」みたいな(んなアホな)。

 今日はこの辺ですみません(すごい中途半端)。


 あと、全然今回の話とは別で、私用のため今週も英語勉強会は行いません。来週は行う予定(7月9日土曜日)ですので、気が向いた方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/27 (Mon) 22:05
英検一級結果発表。

英検一級2011年度一回目

全然気になっていなかったので(不合格確定でしたし)、今頃発表です。ちなみにある方のブログを見て気付きました(「あっそうか」みたいな。)。

 驚いたことに、あの出来でエッセイ11点ももらっています(自己採点が正しければ)。採点してくれた人は天使のような人だったんだと思います。
 200字程度書かなければいけないのに、半分しか書ききれませんでしたので・・。思うに、指定されたキーワードを無理やりにしてもエッセイに盛り込んだので、その点が考慮されたのではないかと。

  こう考えるとエッセイは全部書ききっていれば20点近くいったと予想され、リスニングの精度を高めれば十分合格できる試験だと思います。
 
 次回は合格します(←ギリギリA判定とって調子こいてるだけという噂ですが・・・)。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/26 (Sun) 18:27
今日は第163回TOEIC公開テスト。

 いつものように、くだらない前置きがあるので、それだけは見たくないという人は線(区切り線をひきます)以降を見ていただければと思います。ぜひ見たいというマニアの人だけ、そのままお進みください。

 今日は朝5時半くらいに目が覚めたのですが、また寝て、家族旅行をしてる夢を見ました(なんで?)。試験日に限って鮮明に覚えている夢をなぜか見ます。

 再び起きたら7時40分でした。今日は全く余裕がなかったので、サンデーモーニングは見ませんでした。

 朝ごはんを食べてから、昨日終わらす予定だった「秒速本」の復習を終わらせ、その後5、6の最終チェックを全て行ったら(以前紹介したやつとリアル模試と公式問題集VOL4)もういい時間だったので、準備をして家を出ました(なんのオチもない)。

 電車も予定通り来て、目的の駅までもスムーズでした。今回の会場はオーストラリア留学直前に受けた所と同じ会場(居酒屋ワタ●の社長であり、都知事選にも立候補した人が理事長をやっている高校です<ヒガシではない>)だったのですが、完全に場所を忘れていまして、さらに地図がちょっと複雑だったこともあり、めんどくさいので周りを見渡しながらTOEIC受験者らしい人を探しました。
 今回あまり人が見当たらなかったのですが、それっぽい人を見て「あっ、あいつあの人でいいや」と思い早速着いて行きました。しばらく歩いているとそれらしき人が集まってきたので、ひと安心しました。

 以前この会場について唯一覚えていたことは、「机が恐ろしく小さい」ということです。試験中もかなりやりづらかったです。

 試験官は、お上品な感じの女性でした(たぶんハハハと笑わずオホホと笑う感じの人です←どないな人やねん)。

 今回は全く事件らしい事はここまではなかったのですが、試験でまたもやらかしてしまいました(以前記事にした英検でのミスよりはショックは小さいです)。

 


 では、大雑把に振り返っていきます。

 
 パート1→ 前回と違いパーフェクトではないと思います。2問自信がありません(また元に戻った!)

 パート2→ こちらも、3問位自信がありません。いいわけを書くと、私はパート3の先読みをしながらパート2をやっているので集中力がやや分散してしまったのかもしれません(意地悪な問題多いし・・。←負け犬の遠吠え)

 パート3→ 前回よりはできました。でも、全問正解ではなく3問ミスくらいだと思います。

 パート4→軽くで済んでいればいいのですが、やっちまいました。パート3よりもさらにいい感じで途中まできたのですが、誤ってマークミスをしてしまったんです。まーこの時は「後で塗りなおせばいいや」くらいに思っていたのですが、リスニングが終わりいざそこに戻ってみると「あれ?これちゃんと塗れてる。」状態でした。でも、確かにどこか塗り間違えたはずだと思って、時間がないのに該当箇所の周りを何回も行ったり来たりしてしまいました(本当に時間がないのに!)

 パート5→もう、あきらめて5に怒涛の如く突入しました(パート3と4のマーク塗り直しも含めて10分くらい時間を使ったと思います)。もう本当にかなりの勢いで解きました。自信がない所はとりあえずチェックだけ入れて(2問)、次から次へとわんこそばを食べるが如く進めていきました(もう突っ込みいれるのも疲れた)。
 その後またもや、「何じゃこりゃ!」ということが起こります。なんとマークしたところが一問ずつずれているじゃないですか!!!もう「スタープラチナ~」状態です(お前もう帰れ!)。あせっている頭でなんとか跳ばした問題を見つけて(ずれは6問位で済んでいました)、丁寧に塗り直して、でも何か不安だからまたもや見直したりして(見直したけどきれいに消したとかはチェックしませんでした)、ますます時間がなくなりました。

 パート6→間違いなく過去最速で解きました。もう問題がどうだとかあんまり覚えていないくらいの勢いでした(そんなに難しくなかったと信じています)。

 パート7→もう気分は「101回目のプロポーズ」(古いな)でダンプカーに「僕は死にましぇーん」と言いながら死に物狂いで突っ込んでいった武田鉄矢です(そんなに速くないと思いますが)。
 パート6でリカバリーしたので終了49分前位にスタートできたのですが、ここのところのパート7を考えると全然時間は足りません。こちらも気持ちだけは過去最速で解きました。自信がない問題にチェックすら入れませんでした。 
 おかげ様で3分前位に解き終え、マークシートがしっかり塗れているかだけチェックして終了しました(パート5で入れた自信がない問題へのチェックは、パート7スタートの時に消しました。どうせ見直す時間がないと思ったので。)


 (総評)→マークミスが全くなければ、それなりにいってると思います。総合的な出来栄えは前回と変わりません。ただ、今回はあれだけ時間のロスをしても私が終わらせられたぐらいですから、問題のレベルは前回より低かったと思います。ということは平均が高いわけで、スコアも前回には届かないかもしれません(あくまでマークミスを考慮しないと仮定して←しつこい。)

 皆さんもマークを塗る時は気をつけましょう(んなことする人はほとんどいないと思いますが)。

 今日は疲れたので、堤真一主演の「孤高のメス」を見て寝ます。

 今日テストを受けられた皆さん、本当にお疲れ様でした(^^)。皆さんの結果が喜ばしいものであることを心よりお祈りしています!私も期待だけはして、今できることを全力でがんばります。

 長い文章をお読みいただき本当にありがとうございました。

いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/25 (Sat) 20:08
明日は第163回TOEIC公開テスト。

 やっぱ1か月ってあっという間ですね。今月は英検一級に重点を置いて勉強していたので、TOEIC勉の比重は少なかったです(受ける前から言い訳モード)。

 今日アビメが来まして、生まれて初めて文法が100パーセントでした。明日も文法100パーセントを狙います!(今日通算で6回目の千本ノック3に挑戦したのですが、7問も間違えたはことはなかったことにしてください)。

 冗談はこれくらいにして、試験はもちろん本気で受けます。目標はリスニングで満点とって最高スコア更新です!


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/23 (Thu) 22:13
私の二の舞いにならないために(2)。

 これまでアホみたいな時間勉強してきて、私と同じような思いはしてほしくないという意味で昨日の記事を書いたのですが、終わりの方に書いたように、すべてが悪いとは全く思っていません。むしろ私的にはそれでよかったとすら思っています。

 何度も書いていますが、私は英語学習がつらいと思ったことはほとんどありません(つらくなったらその場で止めますし)。それは、昨日の3番目に書いたように、自分が好きなようにやってきたからです。
 これも前にも書きましたが、私ってやり始めたら結構何でも続けられる人なんです。ただ、どれも大したことはありません。その理由は、上手くなりたかったら嫌な練習等をやって多くの人は上達していくのですが、私は自分が好きな練習ばかりしてしまうんです。辛くないゆえに続けられる、だけど、上達はアホみたいに遅いという方程式が成り立ってしまうんです。

 要は、何に自分の重要ポイントを置くかです。私は常に「どうやったら続けられるか」を最重要ポイントにして勉強してきました。

 でも、英語って本当に上達するのに時間がかかりますよね。特に私のように好きなことばかりやってきたらなおさらです。ただ中には好きな勉強=上達する勉強という無敵の方程式が成立する人もいらっしゃるわけです。短い時間に最高のパフフォーマンスを発揮なさっている方々にこの種のタイプは多いと思います。

 自分のやりたいようにやってもなかなか上達しない人は、ある意味すごくストレスを感じているかもしれませんね。中には、勉強がつらいのにどうしてもTOEICのスコアが伸びないという人もいると思います。
 でもこれだけは言えるのですが、いつか必ず目に見える上達はします(←そんなのお前に言われなくたってみんな知ってる!)。それが来るのが大抵の場合かなり時間がかかるわけで、それで多くの人が結局挫折してしまうんですよね。

 なんか段々違う方向に進んでいる感じがするので、話題を元に戻しますが、で、何でしたっけ?あ、そうだ、どこにポイントを置くかっていう話だ。
 要は、「私は早く上達して石川遼君にゴルフでも英語でも勝つんだ」という人は、常に効率が良くてさらに効果も高い勉強方法を模索して、それを追求していかなければならないと思います。ある練習方法を続けても効果がなければ、私以外の他の人のブログ等を見て参考にしたりとかでもいいと思います。

  「全然OK、100歳までになんとかするぜベイビー」という人は、もうゆるゆるで行ってもいいのではと思います。

 私のホームページにも書きましたが、最後まであきらめないのが最も大切なんですよね。90歳くらいに目標が達成されて、英語がペラペラになってもかっこいいじゃないですか(私だけ?)。

 結論は、英語ができなければ死活問題の人以外は、せっかく英語という素晴らしい趣味を見つけたのですから、楽しくやりましょうよということです。もしその楽しさがどこにも見出せないのであれば、私は続ける必要はないと思っています(くどいようですが、英語が仕事等で必要な人はこの限りではありません)。

 結局今回の私の記事を読んでも、英語上達という意味では全く役に立たなかったと思いますが、これからもこのブログは続くと思うんで、英語学習と同様に気長に付き合っていただければ幸いです。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング


 

 

2011/06/22 (Wed) 23:30
私の二の舞いにならないために。

 今回たくさんの祝福コメントをいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。皆さん本当にありがとうございます。コメントをいただかなくとも、いつも見守っていただいている皆さんにも同じくらい感謝しています(本当に)。

 今回の私の結果はとても褒められるものではありません。900という数字は確かにうれしいのですが、ここまで来た時間がもう本当に本当にかかっています。

 やり直し勉強を始めてからの総勉強時間は、適当に計算しても1万時間を軽く超えています。オーストラリアでの勉強時間は全く測っていませんが、本当にすべてをしっかり計算したら1万5千時間を超えているかもしれません(本当に何をやっていたんだか←別に落ち込んでいるわけではありません)。

 そこで、自分のこれまでの勉強を振り返って、これが原因でこんだけ途方もない時間がかかっちゃったのよ~について今日は書きます。

 ただ、世の中いろいろな人がいるわけで、私の失敗方法をマネしてもとんでもないスピードで上達する人が100万人に1人くらいいると思います。
 あと、「私は3万時間かけて900に挑戦だ!」という人は、大いにマネしてくださって結構です(笑)。流石に私の方法でも3万時間以内に達成するとは思いますが。


 最もあかんかったことから書きます。


 1、喉がぶっ壊れてしまい、2年間ほとんど声を出す練習ができなかった。

 これは方法でもなんでもありませんが・・・。英語学習のためにわざと声を壊す人もいないと思いますし。昔、もんたよしのりの「ダンシング・オールナイト」をマネして歌って声をつぶしたという方の話を聞いたことがありますが、声が潰れてそのまま回復しなくなったのがまさに私の状態でした。

 原因はいろいろあるのですが、最も大事なことは体調管理ということです。


2、TOEIC400点くらいの実力で、「ジャパンタイムズ・社説集」と「ビジネス英会話」を中心に学習していた。

 当時は負荷のかかるトレーニングをすれば、それだけ伸びると思っていたのですが(中にはそれで伸びてしまうスーパーサイヤ人みたいな人もいますが)、一般ピーポーの私には無理がありました。

 かなりの勉強量をやっていたと思いますが、相当無駄な時間を過ごしたと思います。要はこのブログでも何度も書いていますが、手堅くいきたい人は自分の身の丈に合った教材を使った方がいいと思います。


3、自分のやりたい勉強ばかりしていた。

 たとえば、時間を制限してやる勉強とかほとんどやりませんでした。この勉強法はかなり効果があるのは普通に考えても分かるのですが、なんかやる気が起こりませんでした。とにかく仮にやるにしてもある程度の気力が必要ですので(私の場合)、結局敬遠しがちになってしまいました。

 常に効率のいい勉強法を考え、それが仮に自分にとってきつい練習方法だとしてもがんばるのが大事だと思います。

4、TOEICをなめていた。

 言葉は悪いですが、これは否定できません。私はどちらかというと、TOEICに特化した勉強よりも生の英語教材等を使って勉強する方が好きです。もちろん、TOEICの勉強をしないでものすごい英語力を身につけて990を取ってしまう人もいると思います。でも、私はその人ではありません(笑)。
 つまり「TOEICの勉強をそれほどしなくても、900超えられるかもしれない」という過信が自分の中にありました(特に留学後)。これは、言いかえれば、自分の実力を見誤ってTOEICをなめていたことになります。

 早くスコアを上げたい方はTOEICの勉強に特化するのがいいと思います(これについてはいろいろな方がおっしゃっていますよね)。

5、英語の才能がなかった。

 ここでいう才能は、「早く習得する」という意味での才能に限らせていただきます。

 全く同じ集中力で全く同じ練習方法で勉強しても、人によって成果が違うのは間違いありません。誰も認めたくはないと思いますが(私も認めたくはありません)、それは残念ながら事実です。
 
 年齢ももちろん関係あると思います。

 でも、だから何なんでしょう?って話にもなると思います。もう、才能がないのは仕方ないし、年をとってしまったのも仕方ないし、もう居直るしかないんですよねこれだけは(爆)。

 今の状況を諦めて、とにかく自分ができることを一生懸命やるしかないと思います。


 まとめますと、健康第一で、自分の身の丈に合った参考書を使い、効果のあると思う勉強方法を常に採用し、勉強はTOEICに特化しまくり、才能や年齢は居直って、とにかく突き進む。という感じですかね。

 ここまで書いてきて、言うのもなんですが、すべてが悪かったとは全く思っていません。その理由については次回書きます(もう歯を磨いて早く寝たいので<笑>というのは冗談で、ネタとしてとっときたいというのが本音です)。

 ここまでお付き合いいただきありがとうございました!


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/20 (Mon) 20:55
第162回TOEIC公開テスト結果発表。

 やり直し英語の勉強を始めてから自分の身に起こったすべての出来事に、いつもアドバイスをしていただいたり、時には励ましていただいた皆さんに、そして、この拙いブログを見ていただいている全ての皆さんに感謝です。

 本当にありがとうございました。

162 TOEIC

続きを読む »

2011/06/19 (Sun) 20:53
BAKUMAN

以前にも書きましたが、私はいい歳して未だに週刊少年ジャンプを読んでいます。弟もいい歳ですが読んでいます。

 たぶん英語と同じくらい今後も続けていくと思います(一生涯?)。

 で、最近の私のお薦めは今回のブログのタイトルの「BAKUMAN」です。これは、ちょっとマニアックな内容の漫画でありまして、漫画家が主人公なんです。内容はマニアックながらも、これまた結構人気がありまして、最近テレビアニメ化されたみたいです。ちなみに私はテレビはほとんど見ないので当然アニメなんかも見ません。

 この間、勉強のやる気が出ない時は勉強をしない!とブログ上で書きましたが、やる気がしない時はこの漫画本を読みます。ちなみにブログにも載せているように、英語版を買いました。残念ながらまだ5巻までしか買えません(本家は13巻まで出ているみたいです)。

 この漫画はもちろん英語の勉強になるのですが、何よりもいろいろなやる気を出させてくれる漫画なんです。たかが漫画と言って決して侮れません。ただ問題は、勉強のための息抜きと思って読み始めると止まらなくなってどっちが本業かわからなくなってしまうことです。まー日本語のマンガではないのでよしとします(←常に自分に甘い)。


















いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/18 (Sat) 20:36
本当にしょうもないネタですが。

 いつもか。 否いままでで最高に否最悪にしょうもないネタです(相変わらず変な日本語だ)。


air jp

 めったにないことなので、思わずブログネタに使ってしまいました。石川遼君に年齢以外で初めて勝ちました(笑)。←ちょっと違うって!

 
いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング



2011/06/16 (Thu) 22:09
英検一級合格対策(リスニング編)

 この間の英検のリスニングで面食らったので(かなり使いたくないネタなのですが本当に「聞いてないよ~」と思いました)、リスニング対策として、これを使おうと思います。





 そもそも、この教材は「最近フレンズの聞き取り力が伸び悩んでるな~」と思った故に買ったのですが、英検でのリスニングのアクシデント?により、英検対策として使うことにしました。
 あの速さ対策のためには、生の英語を使って勉強するのが効果的だと思います。今使っているのですが、これをきっちりシャドーイングできると、「ジャパンタイムズ社説集」のシャドーイングがめちゃめちゃ楽になります。
 
 今日2009年版もアマゾンで注文したので、しばらくリスニング教材に困ることはないと思います(全然うれしくありませんが)。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

 

2011/06/15 (Wed) 22:22
日本一心を揺るがす新聞の社説1、2

 なんか久しぶりに本について書きますね。参考書についてはアホみたいにしょっちゅう書いていますが。

 実はここのところ日本語の読書はあまりしていません。その理由ですが、実は私はある目的を持って読書をしていたのですが、その答えみたいなものが最近見つかったので、読書をするモチベがかなり下がってしまったというものです。

 でも、人間性も知識も知性もさらには英語力もまだまだの100乗くらいの私なので(文章を見ていただければわかるように文章力もまだまだの1000乗くらいです。)、読書は今後もペースは気にせず適当に続けていきたいと思います。

 実は先日の英検の後、某都内某大型書店で本と参考書を数冊買いまして、以下はその中の一部です。








 この本読んだ方もいると思いますが、ある新聞の社説をまとめたものです。詳しくは省略しますが、こんなすばらしい新聞が日本にあるんだと感心しました。もしかしたら世界で一番素晴らしい新聞かもしれません。
 
 今この新聞を購読しようか非常に悩んでいます。

 この2冊の本も久しぶりのお薦めです。これは本屋さんにGOしなくても内容は私のお墨付きなので(お前が一番信用ならん!)、楽天でも円天でも豊田商事(楽天以外は詐欺じゃないですか!)でもなんでもいいので、とにかくだまされたと思って図書館で借りてください(だからその日本語おかしいって!)。

 私はふざけた人間ですがこの本は真面目です。(注)→涙腺の弱い人は危険なので、水分をたくさんとってから読んだ方がいいです(脱水症状を起こしかねません)。


  いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

 

2011/06/13 (Mon) 21:58
第21回英語勉強会。

  6月18日の土曜日に英語勉強会を行います。詳しくはホームページの方へ(^^)。内容は全く一緒です。

 今回も特に質問等がなければ、瞬間英作文を最初に行い、残りをTOEICのパート5の問題解きに費やしたいと思います。なんかマンネリだな~。

 もし興味がある方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

 ちなみに来週はTOEIC前日のため、勉強会は行いません(本当こんなんばっか)。

 
いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/13 (Mon) 21:52
初めての英検一級(3)

 今日大雑把に自分の点数を確かめたのですが、エッセイなしで、よかったとしても52点です。語彙問題の最初の方には全くチェックを入れていなかったので、正解を選んだかどうか単語並にうろ覚えなもので。つまり52点を下回る可能性も大いにあります。

 昨日書いたように、エッセイはやっちまいましたので、合格最低ラインと考えられる78点に届いているわけがありません。ま~中途半端に良くてエッセイのポカで落ちるより気持ち的には楽です(落ちるという意味ではいっしょですが・・)。

 今回受けてみて、受からない試験ではないという確信を得ました。語彙とリーディングは今のレベルでも通じるみたいですし(^^)。
 問題はリスニングです。自分の中ではリスニングは一番力を入れていることもあり、得意とまでいかなくても、4技能の中では一番自信があったのですが、「本物の英語を正確に聞き取る」という域にはまだ至っていなかったようです。英検一級を受ける前に、実はリスニングパワーアップをもくろんである教材をまたもや買っていたのですが、それについては近々書きたいと思います(しょうもないネタですがブログ更新のためには貴重なのでとっときます)。

 エッセイ対策は今考え中です。今回悔やまれるのは、自分の完成させた文章を採点してもらえないということです。たぶんあの出来だと仮に完成させていたとしても15~20点くらいだと思うのですが、それを決めるのは私ではありません。

 とにかく今自分のできることを精一杯やって、次の英検では合格を勝ち取ります!!(←その前にTOEICがんばれ!)


 いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング


 

2011/06/12 (Sun) 21:44
初めての英検一級(2)

 くだらないことも含めて長々と書くかもしれないので、トイレに行きたい人は読む前に行っていただければ幸いです(どんだけ長いんじゃ!)。その前に、もっと有意義なブログは五万とあるので、今日の英検についてはこの笑えないお笑いブログを参考にするのではなく、他のブログに行っていただければと思います(時間は貴重な資源ですから)。

 今朝起きて台所に行き、母親に「今何時?」と聞いたら「6時前」と言ったので、もう一度寝に自分の部屋に戻りました。で、再び起きたとき「ずいぶん寝たな~」と思いました。「11時とかは勘弁だよ」と思って時計を見たら、なんと時計は1時25分をさしていました。「やっべ~遅刻だ!」(というか試験始まってるし。<正確には1時30分開始です>)と心の中で叫びました。
 で、何を思ったか歯を磨き始めて(どんだけ歯磨き好きなんじゃい!)、磨きながら「服はこのままでいいとして(ジャージ)」と何故かまだ行く気満々の自分がいました。

 気づいた方もいるかもしれませんが、これは夢です(本当に見ました)。結局目が覚めたのは8時です。で、昨日の予告通り、朝ごはんを食べながらサンデーモーニングを見て(そんな予告してない!)、自分の部屋に戻って英検の単語の復習をしました。875語もあったので、終わらせるのに手こずりまして、予定より30分遅く家を出ました。

 場所は都内某大学でした。乗り換えはかなりスムーズだったのですが、私の家からかなり遠い駅だったのでかなりかかりました。降車後、会場を探すのが面倒だったので、その辺を歩いている受験生らしき人にとりあえずついて行きました。某大学の前に行ったとき「地理検定受検会場」と書いてあって「なんだ地理検定も一緒の会場なんだ」と思ったのですが、どこにも英検ともTOEICとも書いていません。「またやっちゃったか」と私の体に冷たい汗が流れました(試験会場を間違えたことが昔あったので(爆)」。会場の前にいたあんちゃんに「英検やってないんすか?」と聞いたら、もうちょっと先の付属の中学校・高校でやっているとのことでした。よーく受験票を見たら確かに某大学付属中学校・高校と書かれていました。

 なんとか集合時間10分前に着き、席は自由なのでなるべくラジカセ?に近い所に座りました。試験官は浅田真央にちょっと似たような感じの若い女性でした(試験と全然関係ないし)。

 ものすごく長くてさらに何のオチもない前置きはこれくらいにして、早速、感想を書きたいと思います。試験の順番は、語彙→リーディング→→エッセイ→リスニングの順でした。確か英検準一級も同じだったような。

 語彙ですが、「出る順で最短合格単熟語」からかなり出たような気がします(ということは「パス単」からも出たということですが)。ただ、うろ覚えだったこともありものすごくできたわけではなく、半分正解プラス運(神様お願い)で7割くらい行ってくださいという感じです。

 リーディングは、私の知っているトピックなども出て、それなりにできたと思います。8割超えてくれればと思います。

 ここまで終わって「もしかして来たんじゃないの?」(←何が?)と私の中で訳のわからない妄想が浮かびます(要は思ったよりできたので)。

 リスニングが始まる3分前?に他の項目は全部終わらせなければならないのですが、確か40分くらいエッセイを書く時間はあったと思います。
 「いきなり解答用紙に書くのはちょっと・・」と思ったので、問題用紙の余白に全文まず書き込みました。字数を数えたりスペルを忘れた単語の言い換え等を考えたりもしたので、結局8分前位に解答用紙に書き込み始めました。
 私だけなのかもしれませんが、英語って書くの時間かかるんですね。浅田真央似の試験官が「5分前」と言ったとき「もしかしてこれ書き終わらないんじゃないの?」と嫌な予感が浮かびました。一分前位の時「スタープラチナ~、ザ・ワールド~」(ジョジョ)、「グルド~」(ドラゴンボール)、「ドラえも~ん」(ドラえもん)、「エイドリア~ン」(ロッキー)と、とにかく時間を止めてくれそうなキャラを心の中で叫びました(エイドリアンはネタですが)。

 しかし、無情にも浅田真央さんが「書くのをやめてください」と言ったので、無理やり2,3語書いて一文を作ったのが最後の悪あがきでした。たぶん否間違いなく半分も点数くれないと思います(あ~あ、やっちゃった)。

 そのあとリスニングまで2,3分あったのですが、「あしたのジョー」の最終回状態の私の頭の中では、例のミュージックが流れたのは言うまでもありません。今回は「北国の春」(♪あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな~♪)ではなく、山崎まさよしの「お家へ帰ろう」です。マジで本当に手を上げて帰ろうと思いました。

 気を取り直したのも束の間、すぐにリスニングが始まりました。最初音声が流れたとき「はやっ!」と思いました。完全ネイティブと同じスピードだったと思います。某英検のリスニング問題集より相当速いと思うのですが(これ以上書くと営業妨害になるので、この後は差し控えさせていただきます)。
 AFNのニュースを聞いたことがある方はわかると思うのですが、それとだいたい同じくらいだったと思います。かなり必死で聞いたのですが、全然わからないものも数問ありました。まだまだ私のリスニング力は甘すぎです。

 ところで、いつから英検のリスニングはあれほど速くなったのでしょうか?というのも、私のリスニング問題集は結構古いので、「最新の英検問題集のCDには本番さながらの速い音声でしっかり吹き込まれているのかな~?」という疑問が出ます。せっかく買って音声遅かったら練習になりませんよね。

 明日もう少し詳しい結果がわかるのですが、エッセイのことがあるので、相当厳しい結果になるのではと思います。でも、終わった後は正直楽しかったです。流石「英検一級」です。受かったら多分もう受けませんが、落ちたら間違いなくまた受けます(否、本当に面白いですよ)。次回の話はしたくないのですが、次はエッセイは絶対に直で解答用紙に書き込みます。

 今日受けられた皆さん本当にお疲れ様でした(^^)。あと、ここまで読んでいただいた皆さん、本当に本当にありがとうございます。

 いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/11 (Sat) 21:50
初めての英検一級。

 英語の勉強を始めたころ、「いつかはクラウン」ではなく「いつかは英検一級」と思っていましたが、まさか本当にこんな日が来るとは思っていませんでした。明日はいよいよその試験日です。

 これといった対策をしていないことは昨日述べた通りです。今日は、「リーダーズダイジェスト」を読んで、「ジャパンタイムズ社説集」を狂ったようにシャドーイングして、「出る順で最短合格単熟語」の単語を打ち込んだPSSソフトをやりました。

 明日は878語あるうろ覚えの単語をもう一度全部復習し、ジャパンタイムズ社説集を一万回音読して試験に臨みます(一万回やっている間に試験終わってしまいますが)。

 自分の能力のすべてを発揮し、最後まであきらめずに全力で挑みます。
 
 明日受けられるみなさん、一緒にがんばりましょう!!


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング


 

2011/06/10 (Fri) 23:11
英検一級に向けて。

 こんなこと今更書くのも何なんですが、単語以外で英検に特化した勉強はほとんどしていません(英検なめんな!)。一応長文読解の問題集を3分の1、リスニング問題集を4分の3終わらせました(両方とも中途半端だな~)。

 正直、対策立てづらいですね。もちろん問題の形式を覚えるという意味で、過去問等をやる必要はあるのは間違いないのですが、問題がリサイクルされているわけではないので、ぶっちゃけ英語の雑誌や、英字新聞を読んだりしても十分対策になっているのでは?と二日前にして居直っています。ていうか、問題の傾向とかってあるんですかね(←あんたそんなんで本当に受けるの?)。

 単語はパス単を全体の20分の1くらい終わらせました(別の意味で終わっている。ていうか「終わらせました」ではなく「取りかかりました」が適切ですね)。ただ、やっていて思ったのが、「出る順で覚える英検単語」(オレンジのやつ)を単語の部分だけ終わらせたこともあり、かなり内容がかぶっているのが幸いしています。

 明日は勉強するよりも、安産から厄除け交通安全に至るまで、何でもかんでもみんな踊りを踊りながら(馬鹿丸出し)、都内某所のいろいろな神様にお祈りしてきた方がいいかもしれません。

 まーがっつり勉強するにしても、体調管理を最優先したいと思います(^^)。

 いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/07 (Tue) 21:49
TOEIC5、6について。

 最近ブロガーの中でTOEIC5、6が熱いみたいなので(勝手に決めんな!)、今日は5、6について書きます。何回か書いたと思いますが、私はここ最近はパート5、6対策として、



























 これら以外に特にやっていません。これまた私見ですが、これだけしっかりやっておけば、パート5は35問以上正解し、6は2問ミスくらいで常時いけると思います(傾向が変われば話は別です)。仮に傾向が変わったとしても、それは模試等でカバーできると思うので、今後もこれら以外にやるつもりはありません。


 高得点者でもない私が解き方を書くのもちょっと・・・・なのですが、まー中上級者(中級者)がどうやって解いているか参考にしていただければと思います。

 まず、パート1が始まる前のインストラクションの間にパート5をできるだけ解きます。前半の方は基本問題が多いと思うので、副詞句等のまやかしにひっかからないように、丁寧に解きます。(模試等を使ってパート1、2を解きながら5をやってみたのですが、私レベルだと集中力が拡散してしまうは、大して問題も多く解けないので、本番ではこの技は封印しています)。

 実際リーディングの時間が始まったら、自分のマックススピードで解きます。昔はできるだけ全文読まないようにして問題を解いていたのですが、最近は結構読んでいます。その理由は、どれが入るか考えている間に読めちゃう(錯覚!)気がするので、直感的に読まないでいいと思う問題以外は、読んでいます(もちろんマックススピード)。模試だと12分くらいかかります。

 6は全読みします(それだけ?←それだけです)。

 5、6は速く解ければ解けるほどいいと思います。できれば両方を10分くらいで終わらせたいです(爆)。最近パート7は文章が長い上に考えさせるものが多いので、できるだけパート7に早くたどり着きたいというのが人情です。

 ほとんど参考にならなかったと思いますが、結局自分が信じた参考書や問題集を何回もこなすというのが王道です。今回紹介した問題集はどれをやっても間違いはないと思うので、興味がある方は本屋さんへGOしてみてください(^^)。やはりいくら誰かが絶賛しても、自分で手に取って見てみないとわからない部分が必ずあると思うので。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/05 (Sun) 23:12
かかりました。

  

 (時間が)かかったのはこの単語集の単語をPSSソフトに打ち込む作業です。ちょっと前の記事で、865番目の単語を打ち込んでいる旨を書きましたが、あれから約一か月かかって残りを打ち終わりました。といっても単語の部分だけです(この単語集は熟語も載っています(250くらい?)。

 熟語の打ち込みはひとまず後回しにして、単語暗記にかけたいと思います。覚えながら打ち込んでいったので、うろ覚えながらもだいたいの単語は頭に入れたつもりです。

 
 英検の本番まで間もないのはわかっているのですが、明日から



 の打ち込みに入る予定です。「出る順一級」の単語が恐らく半分以上入っていると思うので、結構スムーズにこちらは進められるのではと考えております。

 英検一級の単語は難しすぎて覚えてもあまり意味がないような意見をちらほら耳にしますが、英文雑誌とかでも結構出てきますし、かなり役に立つのではと個人的には思っています。パス単を極められれば、さらに英字新聞や英語の雑誌が読みやすくなると期待しています(^^)。

 英検までの残りわすかな時間に、一単語でも多く暗記していきます!!


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/03 (Fri) 21:02
瞬間英作文

 ひと頃よりは練習量は減りましたが、今でも瞬間英作文のトレーニングは続けています。

 話は飛んで、オーストラリアでも瞬間英作文トレーニングをやっていた旨はホームページにも書きましたが、ある時期からピタリとトレーニングを止めました。なぜならある程度話せるようになったので、あとは実戦あるのみと思ったからです。

 しかし、一番上のクラスに行った時に自分の会話力のなさを実感し、さらにブリズベンでの特別クラスでも「こりゃあかん」と思ったこともあり、瞬間英作文のトレーニングを再開しました。

 トレーニングを続けてしばらくしてから感じたのが、英文がトレーニングをする前よりもスラスラ出てきたということです。瞬間英作文のトレーニングを続けると、頭に描いた英文がスムーズに出てくるのではないかと、その時は思いました。
 実際英語を話してみるとわかりますが、英文を頭に描けたとしても、スムーズにそれを口から出すことはかなり難しいです。それが、このトレーニングを続けると頭の滑りが良くなるような感じになるんです(たぶん私だけ?)。

 今はかなりたくさん瞬間英作文に使える教材が出ていますが、ある一冊を納得いくくらいこなしたら、すぐに新たな教材に移るべきだと個人的には思います。なぜなら、基本的には構文を頭に染み込ませるのがこのトレーニングの趣旨だと思われ、それが達成された後だと、劇的な会話力の上達は望めないからです。

 ちなみに、英語上達完全マップの森沢洋介先生もおっしゃっていますが、瞬間英作文を続けていくと、その副産物としてリスニングアップが望めます。最初この話は失礼ながら、眉唾だと思っていたのですが(実際にリスニングアップは感じられませんでしたし)、ずっと続けてきたからこそわかるのですが、リスニング力も確実にアップするということを後に知りました。

 私の会話力はこの間も書いたように、サイバンマンになんとか勝てる程度(つまりまだまだへっぽこ)なので、今後も瞬間英作文を地道にこなして、ナッパさんに挑戦したいです(腕をもがれるのは勘弁です)。毎度のことながら、知らない人すみません。

いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

2011/06/02 (Thu) 21:42
TOEICパート2

 今日はTOEICパート2について書きたいと思います。パート2は私の唯一得意なパートでして、これが駄目だと一気に700点台突入コースかもしれないくらい、私の頼みの綱です(相変わらず変な日本語だ)。

 その理由は以前にも書きましたが、先読みとか一切関係なしでガチンコでリスニング勝負ができるからです。まー要は単純だからです。

 実はこのパートがよかったおかげで、初めて600を達成したという思い出があります。その時は旧TOEICだったので、問題も非常に素直でした。

 その当時の実力では、まだ聞こえてきた音声をそのまま理解するまでには至っていなかったので、質問文が流れてきたら、その音声を頭の中で文字化して、文字化したものをこれまた頭の中で読んで解いていました。もちろんこの一連の作業は選択肢の音声が流れる前に終えていなければなりません。確かこのことについては、モリテツ先生の「総合対策特急」にも書かれていたような気がします。つまり結構王道の戦略なのかもしれません。

 話を元に戻しますが、音声が仮に完全に聞こえたとしても、その聞こえてきた文章の意味がわからなければ解けないのは当たり前なわけで、さらに時間も限られていますので、結局英文を直読直解できなければパート2を攻略するのは相当厳しいと思います。
 英文を直読直解(返り読みをしないで、文章を左から右に読めればいいと思います)するのが苦手な方は、パート2の参考書のスクリプト等を使って直読直解の練習をするべきだと思います。

 今の私はといいますと、上に書いたようなことは全くしていませんで、聞こえてきた質問文に対してそのまま答えているだけです。ただ、最近は意地悪な選択肢というか受け答えが多いので、消去法を使って解いています。
 たとえば、Aの答え方がちょっとおかしいと思ったとしても、完全におかしいと思わなければ、正解の候補として残しておいて、もっと確実な答えが流れてくるのを待ちます。それで、納得いく答えが流れてくればそれをマークしますし、出なければAを選ぶという感じです。

 最近はパート2に限って言えば聞き取れないということはほとんどないのですが、仮に聞き取れない時は、誰もが知っているパート2の攻略法を使うのは言うまでもありません。
 3年位前であれば、この攻略法だけでかなり点数が稼げたんですがね。昔IPを受けたとき、ほとんど音声が聞き取れないにも関わらず、攻略法だけでパート2がパーフェクトだったことがあります(笑)。昔はよかったですね(^^)。

 パート2の鍛え方ですが、たくさんの問題を解くだけでなく、全文シャドーイングはもちろんのこと、全文リピーティングまですると確実に攻略できるのではと思います。

 お薦めは、最近神崎先生が出された、




なんかがいいのではと思います。パート2にかなり特化しているみたいですし(^^)。

 
 多くの方にとって全く参考にならなかったかもしれませんが、万が一参考になった方がいらっしゃいましたら本望です。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング



2011/06/01 (Wed) 22:51

 今回のTOEICで、周りの人の感想と私の手ごたえが全く違うので、どうやら私はマイナーフォームだと思っていたのですが、今日、「極めろ!」メルマガ ~イクフン先生からのおくりもの~が届きまして、かなりたまげてしまいました。

 なんと、今回はマイナーフォームが存在しないそうです。

 ここでも、パート7はかなり難しかったと書かれています。私のブログだけついでにとんちんかんなんです。

 どうして今回、他の方と私の感想が違うのか自分なりに検討してみました(注→くだらないことばかり書くので、時間に余裕のない人は1~から3はスルーしてください)。

 
 1、試験前に飲んだもらいもののリポビタン●が実は超神水だった。

 2、その●ポビタンDは単なる超聖水だったが、イクフンの7と7ドリルのカリン塔効果がドンピシャで発揮されて、思いのほか解けちゃった。

 3、最近始めたあることのせいで、試験問題ではなく脳味噌がとけてしまい、解けていないのに解けていると勘違いしている。

 4、非常に頭が冴えていた。

 5、問題と馬が合っていた。


 実は4番が自分の中で一番確率が高いと思ったのですが、当日は少々寝不足でしたし、頭が冴えていたら
パート3でぽしゃることもなかったと思います。

 ということで、3番か5番の可能性が大ですね。お願いだから3番というオチは勘弁してください。どれが正解かはアミベを見てからのお楽しみです(結果次第で全然楽しくありませんが)。

 採点ミスだろうが、まぐれだろうが、とにかく900欲しいです。

 マジで某増上寺と某亀戸天神に行ってきます。その前に今から阿弥陀如来と弁才天にお祈りです。

 
いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング

 
 

 

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。