カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/04 (Tue) 06:31
これまでの英語勉強の道のり(7)

 それにしても、声がでないのは本当に辛かったです。私は、おしゃべりが好きなのですが、思うように声が出ないのはこれほど辛いものなんだということを痛感しました。一番辛かったのは、歌が歌えない事です。昔から歌を歌うのが大好きで、カラオケにもしょっちゅう行っていたのですがそれもできないし。でもいつかは治るだろうと思っていたので、精神的におかしくなるようなことはおかげさまでありませんでした。
 
 少々脱線しましたが、このような状態だったのでもう藁にもすがる思いで「TOEIC650点マラソン」を購入しました。確か3万円は超えていたと思います。
 ただこの教材でも、音読とシャドーイング(英語音声を聞きながら、数秒遅れてその音声を真似するというもの。 )など声を出して行う練習が中心だったので、声が出せない私のような人間にとっては不完全燃焼という形でした。
 教材の効果ですが、結果的にお金を出す価値はありました。今まで500点も超えなかったTOEICの点数がなんと645点に達したのです。思うに、PART2の練習を教材の中でたくさんやったことがこの結果につながったのだと思います。
 ただTOECではよくまぐれによる点数はなく実力通りの点数が出ると言われるのですが、私の場合はこの点数はその後まぐれであったことがわかります。

 <昨日の勉強時間>2時間10分。内容→ジャパンタイムズ社説集、DUOの音読およびシャドーイング。瞬間英作文。文法書(シリウス)音読。フルハウスのDVDを英語字幕で観る。 単語カード暗記。

 
スポンサーサイト

<< これまでの英語勉強の道のり(8) | ホーム | これまでの英語勉強の道のり(6) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。