カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/09/24 (Fri) 20:32
パート5をいかに速く解くか。

 ずいぶん前に中村澄子先生の教室に通っていた時、パート5、6をいかに速く解くかを中心に私は勉強していました。

 しかし最近のTOEIC受験ではパート5、6、7どれもほとんど全文読んで取り組んできました。しかし、それはかなり非効率的だといまさらながらに思い出しました。もちろん真の英語力のある人はテクニック的なものは必要ないと思いますが、私レベルだと、非常にそのテクが役に立つ時があります。

 それゆえ今(本当につい最近)は、いかに文章を読まずにパート5を解くかを考えながら問題演習をしています。ここで大事なのは、まず選択肢を見て、本文と照らし合わせながら自分の知識をフル稼働させ、速く解けるかを考えることです。解法が見つかったら解説と自分の解法を比べます(特に秒速本の場合解法がしっかり書いてあるので、自分の解法と比べるのには最適です)。

 解説を見て桜木花道の如く「フンフン」言っているだけでは仮にディフェンスができても頭に残らないと思うので、まず自分なりに解法を考えてそのあとに解説と比べた方がいいように思います(毎度ですが、わからない人すみません)。

 この方法を特にパート5で使っていきたいと思います。現実的な目標として、パート5を12分で解ければと今は考えています。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。気が向いたらお願いします(^^)
英語学習ランキング

 
スポンサーサイト

<< リスニングの壁。 | ホーム | 早めの更新 >>

コメント

そっか

効果があったら是非マネしたいと思います

といっても
Part5が苦痛のなにものでもないので
やりたくなるまで放置していたら
死ぬまでやる気配がみえません・・・>私ね

どうしたらいいでしょうか?
(ラジオの人生相談風)爆

えみえもんさんへ。

 えみえもんさんこんにちは!

> 効果があったら是非マネしたいと思います
> といっても
> Part5が苦痛のなにものでもないので
> やりたくなるまで放置していたら
> 死ぬまでやる気配がみえません・・・>私ね
> どうしたらいいでしょうか?
> (ラジオの人生相談風)爆

 まず一番大事なことは、嘘でもいいからパート5が好きだと思いこむことです。嫌いだと思いこんでいることを一生懸命やっても、効果は思いのほか低いと思います。私も正直パート5はあまり好きではないのですが、今は「早解き」ゲームと思いこんで、楽しくやっています。
 ぶっちゃけ文章読むのは最後の手段くらいの気持ちでやっています(笑)。もうこうなると、リーディングの試験ではなくなってしまいますね(^^)。
 「楽しんでやる」もしくは「楽しいと無理やり思いこむ」のがコツだと思います。

 コメントありがとうございました!

しゅうさん、こんばんは。
おっしゃるとおり、Part5&6の早解きが攻略の鍵を握っていますね。
私がしゅうさんにお会いした頃、12分前後だったPart5が「秒速解答法」や柴山かつのさんの「ピンク本」、イクフン氏の「解きまくれピンク」等、良質なPart5本を繰り返した結果、現在は9分~10分で終えることが出来るようになりました。

特に「秒速解答法」は速度の大幅アップに非常に効果的でした。
私が出来たのですから、しゅうさんにも出来ますよ、絶対!
しゅうさんは、私なんかよりも洋書読書もされてますし、しばらくTOEIC特化でPart5&6を鍛えられれば、本来出せる力を発揮されることと思います。

あ、老婆心ながら、Part6だけは前後だけでなく超速読で全文読んだ方が、取りこぼしが減ります。
前後だけで解こうとすると、ある時点で伸び悩むことになります(苦笑)
私はそれに気が付かないばかりに、ずっとPart6が一番の苦手でした(笑)

950プラスアルファー、きっといけますから、自分を信じて、頑張って下さい!

Re: タイトルなし

みかん星人さんこんにちは!

> おっしゃるとおり、Part5&6の早解きが攻略の鍵を握っていますね。
> 私がしゅうさんにお会いした頃、12分前後だったPart5が「秒速解答法」や柴山かつのさんの「ピンク本」、イクフン氏の「解きまくれピンク」等、良質なPart5本を繰り返した結果、現在は9分~10分で終えることが出来るようになりました。

 9分~10分ですか・・・。すごすぎです。というかみかん星人さんのように950オーバーを獲得できる人にとっては、驚くべき数字ではないのかもしれませんね。私も12分を目標と書きましたが、間を取って10分を目標にさせていただきます(^^)。

> 特に「秒速解答法」は速度の大幅アップに非常に効果的でした。
> 私が出来たのですから、しゅうさんにも出来ますよ、絶対!
> しゅうさんは、私なんかよりも洋書読書もされてますし、しばらくTOEIC特化でPart5&6を鍛えられれば、本来出せる力を発揮されることと思います。

 私も自分に期待します(笑)。本来の実力がどれくらいなのかはわかりませんが、もてる能力を全部発揮するつもりで勉強に取り組んでいきます!

> あ、老婆心ながら、Part6だけは前後だけでなく超速読で全文読んだ方が、取りこぼしが減ります。
> 前後だけで解こうとすると、ある時点で伸び悩むことになります(苦笑)
> 私はそれに気が付かないばかりに、ずっとPart6が一番の苦手でした(笑)

 パート6、特に最近はかなりしっかり読まないと間違える問題が増えているみたいですね。大変参考になる情報ありがとうございます(^^)

> 950プラスアルファー、きっといけますから、自分を信じて、頑張って下さい!

 950の前にまずは900越えを狙います。900の壁は当初私が考えていたよりもはるかに高い壁ですが、しっかり取り組んでいけば必ず超えられると信じています。もちろん950も!!!その気持ちを大切にして今後もがんばっていきたいとおもいます。

 大変励みになるコメント本当にありがとうございます。みかん星人さんの励ましに応えるという意味でも、10月のTOEICにむけて気合いをいれていきます!

 ありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。