カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/07 (Thu) 20:59
ちょっと早すぎます。




「野球をやらなければヤクザにしかなれなかったかも知れない」

 3年生時の1951年、全国高等学校野球選手権神奈川大会の試合で、自信を持って投じたストライクをボールと判定されたり、確実にセーフだと思ったタッチプレーを二度もアウトにされるなどの球審の判定に不服を覚える。試合は延長戦となり、最後はフォアボールの押し出しでサヨナラ負けしてしまった。試合終了後、大沢は球場のトイレで偶然その審判と遭遇し、他の選手1 名とともに蹴りつけてしまう。この結果、神奈川商工高は1年間の出場停止処分を受けた。

 退場でよく知られているのは、1976年6月17日の対阪急戦でのもの。竹村一義が打者にビーンボールを投げ、一塁コーチスボックスからマウンドに駆け寄り、「てめぇ、今度やったら許さねえぞ!!」と威嚇したが、その後再びビーンボールを投げたので、激怒して竹村を殴って退場になった[24]。竹村を殴った瞬間は報道写真に捉えられた。10日間の出場停止と罰金10万円の処分が科されたが、出場停止の間に代理監督を複数のコーチにさせて、コーチの指揮能力をベンチからチェックしていた。

                                   以上Wikipediaより抜粋。




 悪いところだけ抜粋してしまいましたが、私はあなたが大好きでした。特に「サンデーモーニング」で喝!!をしているときの姿はたまりませんでした。

 まだまだやりたいこともたくさんあったと思いますし、その姿をまだまだ見たかったです。でも、悲しんでいても仕方ありません。これから生きていく中であなたのことをたまに思い出し、笑えたらいいなーと思っています。


 心からご冥福をお祈りします。  

  大沢啓二  2010年10月7日(満78歳没)

                                      


スポンサーサイト

<< 極めろ!リーディング解答力TOEIC TEST〈Part7〉 | ホーム | 都合よく記憶をなくしたい今日この頃。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。