カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/19 (Tue) 19:08
How to Stop Worrying and Start Living

How to Stop Worrying and Start LivingHow to Stop Worrying and Start Living
(1990/09/15)
Dale Carnegie

商品詳細を見る



 以前よりもかなりペースは落ちましたが、細々と洋書の読書を続けております。以前にも書きましたが、この作品は日本語版も英語版の両方既読済みでした。
 
 ただ、今思えば当時はとてもこの本を読む英語レベルではなかったので、もう一度読んでみたいというのがあり読んだ次第です(今でも厳しかったです<笑>)。

 ちなみにこの本をそもそも購入した理由は非常に情けないものでした。理由はこちらで。

 


 この本は、どのように心の状態を良い方向に持っていくかについて、とてつもない数の例を挙げて具体的に書いています。中には現代と当時では社会が異なるので、少々荒療治な方法も書かれていますが、全体としてはとてもためになる心の指南書であると思います。

 ちょっと前にめちゃめちゃ読みやすいとブログで書きましたが、語彙レベルはかなり高く、私レベルではかなり辞書を引くことになってしまいます。しかし英文自体はかなり読みやすいと思います。

 日本語版で読んでもかなりお薦めなので、洋書でちょっと読むのに自信がない人は、以前私がやったように和洋両方買って読み進めるのも手だと思います。かなりの名著なので、恐らくそのへんの図書館に日本語版はおいてあると思います。

 
 これを読み終えたこともあり、そろそろTOEICも近いので、洋書読書はしばらくお休みにしたいと思います(実は3冊ほど買ってあるのですが・・・)。

 

アンドリューカーネギー



 全然顔違います。(私とキムタクくらい違う。)


   いつも見ていただいて本当にありがとうございます。気が向いたらお願いします(^^)
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< Time flies. | ホーム | >>

コメント

8時間30分!!!

しゅうさん、こんばんは。
2年前は8時間30分も勉強されていたんですね。すご~い。
こんなに長時間勉強を続けるコツと、次の日も同じように頑張れる秘訣を教えてください。
(頑張ると次の2日間は勉強をサボったりしませんか)

えいごっちさんへ。

えいごっちさん、こんばんは!

> 2年前は8時間30分も勉強されていたんですね。すご~い。
> こんなに長時間勉強を続けるコツと、次の日も同じように頑張れる秘訣を教えてください。
> (頑張ると次の2日間は勉強をサボったりしませんか)

当時は時間はある程度かけていましたが、今にもまして非常に効率の悪い勉強をしていました。使っている教材が「実践ビジネス英語」となっていますが、あの当時の私のレベルでこの教材はありえません(笑)。今使っても恐らく苦労すると思います。

 長時間勉強するコツかどうかはわかりませんが、私の場合ストップウォッチで時間を測ると、測らないよりは断然続けられます。あと、私はいつも勉強の呼び水に英語のDVDを見ています。当時は「ウルトラ語彙力主義」を呼び水に使っていました(なんかあの教材はやっていて楽しかったです<音声ファイルは本当に優れものです!>)。

 何でもいいので、自分のお気に入りの勉強からスタートするのが一番だと私は思っています。結局勉強ってやり始めが一番エネルギーが必要なので。

 あと、既読済みかも知れませんが、「続ける技術」石田淳著 は一読の価値はあると思います。

 コメントありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
道は開ける 新装版道は開ける 新装版
(1999/10)
デール カーネギーDale Carnegie

商品詳細を見る