カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/04 (Thu) 21:12
耳コピ。

 耳コピとは、音楽を聴いてそれを楽譜等を見ないで、楽器でその音を再現することです(合ってるかな?)。

 実は私この関係の動画を見るのが大好きなんです(だからなんなの?という感じですが)。で、いつも見ていて思うんですが、これって、シャドーイングやディクテーションに似ているということです。

 私は主にギターの動画を見るのですが、本当に皆さん気持ちよさそうに弾いています。人によっては指の動きなんて人間技じゃないです。

 私もシャドーイングをしていて、素早い英語の喋りを完全に再現できたとき、本当に爽快感というか、気持ちよくなる時があります(ちょっと変態か?)。

 ただし、昔は「ビジネス英会話」を練習用教材に使っていたので、めちゃめちゃ苦労した割には、効果が非常に少なかったように思います。「ビジネス英会話」は最高の番組だと思いますが、私の当時のレベル(TOEIC600くらい)で、使うとまさに「猫に小判」になる可能性が大です。ちなみに私は当時、一つのダイアローグ(ビニエット)を終えるのに6時間くらいかかりました(笑)。
 やはり身の丈に合った教材を選ぶべきですね。

 話は少々飛んでしまいましたが、一つだけでもお気に入りの練習があってよかったなと思う今日この頃の私です。

 明日はこれと関連して、ちょっとリスニングについて書きたいと思います。


出木杉君





 怪物クン








ドラえもん (意味なし) 



 この動画は耳コピではないのですが、世界一の速弾きギターリストだそうです。


私のシャドーイングも最初の人並の実力であれば、リスニング495点連発するのですが・・・・。努力あるのみです。


 いつも見ていただいて本当にありがとうございます。気が向いたらお願いします(^^)
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< 今までシャドーイングをやってきて。 | ホーム | TOEICというゲーム。 >>

コメント

質問

しゅうさん、こんばんは。いま英検面接の自主トレ中です。なかなか英語が思いつかなくて、「えっと~その~」状態が続いています。
(面接は乗り切るとして)英会話力はどうやってつけていったらいいですか。
「となりのおばさんが文句を言いに来た」「あの人なら年金がなくても暮らしていけるだろう」レベルで苦労しています。

えいごっちさんへ。


 えいごっちさん、こんばんは!

> いま英検面接の自主トレ中です。なかなか英語が思いつかなくて、「えっと~その~」状態が続いています。
> (面接は乗り切るとして)英会話力はどうやってつけていったらいいですか。
> 「となりのおばさんが文句を言いに来た」「あの人なら年金がなくても暮らしていけるだろう」レベルで苦労しています。


 英検準一級の2次試験でぎりぎり合格の私がアドバイスするのもなんですが(笑)、私なりの考えを述べたいと思います。

 えいごっちさんもご存知のように、私はオーストラリアに一応一年間行っていたこともあり、少しは英語を話せるようになりました。
 
 これもブログでは書いたと思うのですが、現地で3か月経ってもほとんど会話力は変わらない状態でした。本当にあせりました。だって私のイメージだと、一か月もすればかなり会話力とか上がると思っていましたから。もちろんこれには個人差もあると思いますが、普通に学校に通っているだけではほぼ100パーセント話せるようにはならないと思いました。
 
 で、「どんどん話すための瞬間英作文」を日本の家から取り寄せて、勉強しました。なんか外国に行って瞬間英作文の練習するのもなんだと思いましたが、当時の私は藁にもすがる思いでいたので、とにかく効果的だと思うことは何でもやってみようという感じでした。

 「どんどん」の方を10回まわし(一つの例文を最低10回暗唱するというのを10回やるので、100回暗唱したことになります。例文によっては200回以上暗唱したのもあります←多くても何の自慢にもなりませんが<笑>)、「スラスラ」の方は半分の所までを10回まわしました。なんで半分しかやらなかったかというと、後半は日本語の音声が吹き込まれていなかったので、私としては非常に使い勝手が悪く、続かなくなったからです。

 この効果ですが、残念ながら絶大とまではいきませんでした。しかし、なんかベースになる文型が頭に入ったので、なんとかある程度話せるような感じになりました。

 その後は瞬間英作文の練習はしないで、日本人とも英語で話すということ繰り返し(要はほとんど日本語は使いませんでした。日本語で話しかけられても、英語で返しました<笑>)、その結果自分ではそれなりに話せるようになったと錯覚していました。

 しかしクラスが最上級クラスになった時、話題が難しかったということもありますが、まだまだ全然話せないことを痛感させられました。

 で、そのあと「You Can Speak]というEラーニングを海外で受講しました。これは瞬間英作文をパソコンでやるというものです。もちろん普通は日本人が日本でやるものですが、またもや「何とかせにゃ!」と思い、かなり変な話ですが、オーストラリアで瞬間英作文をはじめてしまったんです(笑)。

 おかしなもので、これをやっているときが一番英会話力が上がったと思います。これはこの教材の効果もあったと思いますが、それよりも、今まで留学で積み重ねたものが、瞬間英作文の練習をすることにより、ある程度アウトプットできるようになったと分析しています。
 ちなみにこの教材は大変高額で、ここでは詳しく書けないのですが、いろいろと意見をしたい部分もあるので、アマゾンのレビュー風に言えば3点です。

 ここまでしつこく書いたのでご察しだと思いますが、瞬間英作文は会話のトレーニングにおいて本当に効果的です。ただし私にとっては非常に脳に負荷のかかる一番つらいトレーニングでもありました(人にもよるんだと思います)。負荷が多いということはそれだけ効果があるとも考えられます。
 上達が感じられるのも結構時間がかかるのでかなりの意志力が必要ですが、成果が出るのは間違いないと思うので、もし興味が出ましたら取り組んでみることをお勧めします。

 「You Can Speak」のような高額な物を使わなくても、今、国内には瞬間英作文に使える教材があふれています。元祖である「どんどん話すための瞬間英作文」は確かにいい教材ですが、もっといい本は探せば絶対に見つかると思います。

 個人的意見を言わせてもらえば、日本語の音声が入っていて、ポーズの後に英文を読み上げるというものが使いやすいです。あともちろん、長く続けられそうなものを選ぶことが一番大事だと思います。

 もしかしたら瞬間英作文よりも効果的な英会話学習方法はあるのかもしれません。でも私が知っているのはこれだけなので、情報不足ですみません(><)。

 あと、ある程度思ったことが言えるようになっても、使うべき単語を忘れたりとか私はしょっちゅうなので、日頃からアウトプットする練習も必要だと思います。それ故、韓国の友達が来たときは、最初のうちは単語が出てこなくて困りました(笑)。

 私はまだ実行していませんが、いずれ、アウトプットの練習をするために英会話のサークル等に入ろうと考えています。

 長々とすみません。もし少しでも参考になれば幸いです。

 英検2次気合いで乗りきってくださいね(^^)

 ご質問ありがとうございました。
 

大☆感謝

丁寧で迅速な対応をありがとうございます(←ネットショッピングかよ)。
とても勉強になりました。…海外に逃げてもダメなんだ、本を買うときは日本語つきがいい(実は迷っていました)。
オーストラリアで本気で勉強された方のアドバイスやご意見にはものすごく重みがあります。質問して良かったです。
しゅうさん、ありがとうございました。

えいごっちさんへ。

 えいごっちさん、こんにちは!

> 丁寧で迅速な対応をありがとうございます(←ネットショッピングかよ)。
> とても勉強になりました。…海外に逃げてもダメなんだ、本を買うときは日本語つきがいい(実は迷っていました)。

 海外に行って、めちゃめちゃ上達する人もいれば、私のようにほんの少しだけ上達する人、もしくは全く上達しない人もいると思います。私的には、英語力が全く上達せずとも、海外に行くことはその人にとって何らかの糧にはなると思っています(そう思うことで自分を納得させているのかもしれません(笑))。

 日本語の音声付がいいのは、教材を持ち歩く必要がないからというのが一番の理由です。それに、瞬間英作文の日本語は、英語を話すための単なる呼び水であって、英語で考えることの妨げにはそれほどならないと思います。

> オーストラリアで本気で勉強された方のアドバイスやご意見にはものすごく重みがあります。質問して良かったです。
> しゅうさん、ありがとうございました。

 こちらこそ、少しでもお役に立てたみたいでとてもうれしいです。今後ともよろしくお願いします(^^)

 コメントありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。