カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/06 (Sat) 21:45
練習方法は何であれ。

 昨日は、「シャドーイングは神が使う無敵の学習方法」みたいなことを書いてしまいましたが(←そんなこと全然書いていないし。)、私がシャドーイングを始めたきっかけは、単に聞いているだけだと寝てしまうということと、ディクテーションが面倒という二つの理由からです。つまり単なるものぐさなんです(シャドーイングをする人がものぐさと言っているのでは決してありません。念のため。)。

 英語学習者の中で音読が嫌い、もしくはやらないという方も結構いると思います。でも、これらの練習をやらないで、英語が聞けたり話せたりするなら私はそれでいいと思います(私でなくてもみんなそう思うと思います)。

 たとえば、日本語の歌を覚えるときでも、人によっては聞くだけで覚えてしまう人(リスニング派)、いっしょに歌って覚える人(シャドーイング派)、中には書いて覚える人(ディクテーション派)もいると思うんですよ。同じ最終ゴールである「歌詞を覚えて歌えるようになる」ということが達成できれば、全く問題なしなしです(「なし」を続けて強調しました)。

 言うまでもなくこれはそのまま英語の学習に置き換えることができます。

 要は、学習方法の良し悪しを決めるのは自分であり、自分が納得できれば何をしたっていいと思います。一時かなり物議を醸した「英語は逆から学べ!」にしたって、この方法を使って英語が上達して自分が納得できるのであれば、邪道と言われようが関係ないと私は思います。別に悪さをしているわけではないからです。私はこの本を読んだことすらないのですが実際はどうなんでしょう?

 どなたも、最終的にはその練習が好きだったり、苦じゃなかったり、そういう理由で方法を選ぶんだと思います。仮に、「苦痛だけど効果が抜群」という方法を選んだとしても、よっぽど意志が強い人以外は続かないと思います。それ故、私にとってシャドーイングがベストの練習方法であったかどうかは今となってはわかりません手遅れですが、ここまで続けてこれたので、まー完全な失敗ではなかったと勝手に思っています(←微妙な言い方)。

 もし英語学習で悩んでいる方いらっしゃいましたら、何でもかんでもやってみて、自分が一番好きな方法を探しみてはどうでしょうか。やはり「続くよおれ!」「続くは私!」「つくづく変態!」というのが一番大事なことだと思うので(もちろん全く上達が感じられなければ即変えるべきなのは言うまでもありません)。

 
いつも見ていただいて本当にありがとうございます。気が向いたらお願いします(^^)
英語学習ランキング



 
 
スポンサーサイト

<< 終わりなきドリル。 | ホーム | 今までシャドーイングをやってきて。 >>

コメント

Several people, several minds.

(・∀・) 十人十色ですね。好みも違うし、能力も違うし、環境も違うし、っていう。

こちらのブログは自分への戒めになります。
((゜Д゜) おめぇはリスニングの勉強・研究をしないから、見てみろ。しゅうさんと、こんなに差がついているじゃねえか)

これからも いろいろ気づかせてください。

またまたコメントすみません、しゅうさん。

このエントリーは私へ向けたしゅうさんなりのお返事なのだと解釈させていただきます(←自意識過剰(笑))

全くおっしゃることに同意でして、言いたいことを全て言われたな、と(笑)

以前のエントリーでも書かれていたと思うのですが、確かに私は音読もシャドウイングもしてませんが、頭というか耳が英語のリズムみたいなものを捉えています。
そういう観点からいくと、音読やシャドウイングは確かに“練習法”として必要としてないのかもしれません…

しかし、自身でもそれが何故出来るようになったのか、に関してはよくわからないのが難点です。
ただ、実は私の妻も私と同じく(私がアドバイザーなので当然といえば当然なのですが…)音読もシャドウイングもなしでリスニング450点なのです。
二人とも特に耳がいいわけでも頭がいいわけでもありません。
普通だと思います(普通であって欲しい、たのむ~(苦笑))。
彼女と私の点数の差は、おそらくリーディング力の差です。
私の方がリーディング力があるため、先読みがしっかり出来ているという、ただそれだけです。

ここから導き出される結論は、「TOEICのリスニングで450点以上を取るために音読は必要ない。」ただし、「それが自身に合う方法だと思ったら、やるべきである。リスニングはTOEICのためにやるものではないのだから…」ということになります。

そう、それぞれが自身で選んだ方法をやればいいわけですよね!

しかし、一つだけ困ったことが…
人にアドバイスするときによく「音読はやって下さいね。」と言うのですが(私も音読は絶対に良いものだという気がしています)、これ、全く説得力がないですよね(苦笑)
それがジレンマです。。。

えいごっちさんへ。

 えいごっちさんこんにちは!

> (・∀・) 十人十色ですね。好みも違うし、能力も違うし、環境も違うし、っていう。

 全くおっしゃる通りです(^^)。特に私は好みの部分を大事にしたいと思っています。

> こちらのブログは自分への戒めになります。
> ((゜Д゜) おめぇはリスニングの勉強・研究をしないから、見てみろ。しゅうさんと、こんなに差がついているじゃねえか)

 とんでもございません。私も工夫をしないばっかりに、長々だらだらとここまで勉強を続けるに至りました(笑)。リスニング上達を体感できるまでかなり時間がかかったしまったのですが、時間をかけないで上達する方法を今でも知りたい気持でいっぱいです。
 
> これからも いろいろ気づかせてください。

 勉強して効果がありそうなものはどんどん紹介していきたいと思います。そのことが私にもプラスになりますし(^^)。今後ともよろしくお願いします。

 コメントありがとうございました!

みかん星人さんへ。

 みかん星人さん、再びこんにちは(笑)。

> またまたコメントすみません、しゅうさん。

 何度でもしてください(^^)。常にバッチ来いです(笑)。

> このエントリーは私へ向けたしゅうさんなりのお返事なのだと解釈させていただきます(←自意識過剰(笑))

 80パーセントはみかん星人さんへのお手紙のつもりで書きました(笑)。

> 全くおっしゃることに同意でして、言いたいことを全て言われたな、と(笑)

 ありがとうございます。

> 以前のエントリーでも書かれていたと思うのですが、確かに私は音読もシャドウイングもしてませんが、頭というか耳が英語のリズムみたいなものを捉えています。
> そういう観点からいくと、音読やシャドウイングは確かに“練習法”として必要としてないのかもしれません…

 そうなんですよ。リズムを耳だけで体感してつかむことができるならいいのですが、私の場合歌を覚えるにしても何にしても、声を合わせてしまう癖があるみたいで。それに、聞くだけで英語の音声のリズムをつかむのは私には至難の業だと思います。

> しかし、自身でもそれが何故出来るようになったのか、に関してはよくわからないのが難点です。
> ただ、実は私の妻も私と同じく(私がアドバイザーなので当然といえば当然なのですが…)音読もシャドウイングもなしでリスニング450点なのです。
> 二人とも特に耳がいいわけでも頭がいいわけでもありません。
> 普通だと思います(普通であって欲しい、たのむ~(苦笑))。
> 彼女と私の点数の差は、おそらくリーディング力の差です。
> 私の方がリーディング力があるため、先読みがしっかり出来ているという、ただそれだけです。

 もうちょっと早くみかん星人さんと知り合っていたら、私もリスニングのアドバイザーをしていただきたかったです(笑)。奥さんが羨ましいです。

 TOEICにおいて、パート3、4はリーディング力必要ですよね。私も先読みがもう少し上達すれば、470オーバーくらいには行くと思っているのですが(寝言です<笑>)。

> ここから導き出される結論は、「TOEICのリスニングで450点以上を取るために音読は必要ない。」ただし、「それが自身に合う方法だと思ったら、やるべきである。リスニングはTOEICのためにやるものではないのだから…」ということになります。
> そう、それぞれが自身で選んだ方法をやればいいわけですよね!

 そうなんですよ。だから、参考書の中にも「音読は必要ない!」とかいうのあると面白いですよね(笑)。売れるか微妙ですが(爆)。私もそうですが、「音読がいい、音読がいい」と言われ続けて、それを信じてやってきた人がほとんどだと思うんですよ。音読がいいのはもちろん間違いないのでしょうが、他の選択肢もあるということを英語の勉強をする前に知っておくのもいいのではと思います。

> しかし、一つだけ困ったことが…
> 人にアドバイスするときによく「音読はやって下さいね。」と言うのですが(私も音読は絶対に良いものだという気がしています)、これ、全く説得力がないですよね(苦笑)
> それがジレンマです。。。

 確かにみかん星人さんが言ったら不自然かもしれません(笑)。音読なしのリスニング上達が何故可能になったか、TOEIC満点を達成した後に研究してみてはどうでしょうか?それが明らかになったら、本を書いてください(笑)。少なくとも私は買いますので(^^)。

 コメントありがとうございました!今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。