カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/02 (Thu) 21:13
語彙力アップを兼ねて。



 上の画像はずいぶん大昔に買った、「ジャパンタイムズ社説集」です。今から約7年前ということは、英語力が今よりもはるかにヤバかった時代です。この時の実力でこの教材に手を出すドンキホーテは全国でも数人だったと思います。TOEICで990点取るよりも希少価値が高かったとも言えます(笑)。

 私が今まで勉強してきた中で学んだ教訓は「自分の実力よりはるかに上の教材には手を付けたらだーめ!!」というものですが、この教材は当時の私にとって「だーめ!!」もいいところでした。

 この外にもTOEIC400点台の時にNHKの「ビジネス英語」に挑戦した経験もあります。これは弱い草野球チームのピッチャーが、全盛時のランディーバースに挑むようなものです(伝説の3者連続ホームランどころか、9者連続ホームランを食らいます。)。ドラゴンボールで言えば、ヤムチャ(なぜか例として使いやすいです。)が、スーパーサイヤ人3の悟空に挑むようなものです。
 
 もしくは「魁男塾」の男爵ディーノが江田島平八に挑むようなものです(わかった人は私の親友になれます)。

 話が130億光年くらい離れていきそうなので、話を戻しますが、実はこの教材後生大事に取ってありまして、今頃になって使い始めることに決めました。

 というのも、TOEICの勉強については、基本的には以前使った教材をまわしていくつもりなので、どうしても語彙の増強ができません。そんな中、本棚で誇りどころか青カビが生えかかっているこの教材の匂いがしたので(嘘です。念のため。)、「これや!」と思い今日から使い始めました。

 今使ってもかなり手ごたえがあります。当時よくこんなの使ったなと我ながら「あっぱれ」だと思いました。やった根性は認めてあげたいですが、効率的には「大喝」です。

 この教材2007年分まで買い続けたので、全部終わらせる頃には100歳になっているかもしれません。その年齢になってもこのブログを更新するのが今の目標です(爆)。


 いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング



 
スポンサーサイト

<< 国民英語番号制 | ホーム | 英語勉強会 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。