カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/02 (Mon) 21:49
heavy

 つい先日『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をまたもや見たのですが(何回目?)、新たな気付きがありました。いかに日頃ぼーっと見ているかがわかります。

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を見たことがない人はちょっとマニアックネタなので、この後はスルーしていただければと思います。

 マーティがタイムマシンで1955年に行き、ドクに会い、ある場面でThat sounds pretty heavy.と言います。この時マーティはheavyを「深刻だ、困った」という意味で使っているのですが、これに対しドクはWeight has nothing to do with it.と答えています。つまりドクはheavyを「重さの」意味で捉えたんです。

 何が言いたいのかと言いますと、この1955年当時heavyには「深刻だ、困った」という意味はなかったんです。

 これはまー所謂スラングというやつなのですが、かなり多くの英語学習者の方はご存じだったと思います。ただ、heavyのこのような使われ方はいつ頃から行われるようになったのでしょうか?詳しいかたいらっしゃいましたら教えてください(笑)。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< 第18回英語勉強会 | ホーム | リーダーズダイジェスト。 >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

隠しコメントさんへ。

 隠しコメントさんこんばんは。

 ヘビィーのこと当時から気づいていたなんてすごいですね。でも、何回も見ているのに私はなんで気付かなかったんですかね。

 直接話法とか間接話法の話は、すごくためになるとは思いますが、まだその段階ではないのではと私的には思います。でも、そういう話を聞いたという記憶があれば、いざやり直す時に役立つとも思います。

 落ち着いたら、よろしくお願いします(笑)。

 勉強時間ですが、結構上下が激しいです。ご指摘なさった時間を軽く超える時もあれば、全然そこまでいかない時もあります。平均して集中できればいいとは思うのですが・・・。


 コメントありがとうございました!


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。