カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/03 (Fri) 21:02
瞬間英作文

 ひと頃よりは練習量は減りましたが、今でも瞬間英作文のトレーニングは続けています。

 話は飛んで、オーストラリアでも瞬間英作文トレーニングをやっていた旨はホームページにも書きましたが、ある時期からピタリとトレーニングを止めました。なぜならある程度話せるようになったので、あとは実戦あるのみと思ったからです。

 しかし、一番上のクラスに行った時に自分の会話力のなさを実感し、さらにブリズベンでの特別クラスでも「こりゃあかん」と思ったこともあり、瞬間英作文のトレーニングを再開しました。

 トレーニングを続けてしばらくしてから感じたのが、英文がトレーニングをする前よりもスラスラ出てきたということです。瞬間英作文のトレーニングを続けると、頭に描いた英文がスムーズに出てくるのではないかと、その時は思いました。
 実際英語を話してみるとわかりますが、英文を頭に描けたとしても、スムーズにそれを口から出すことはかなり難しいです。それが、このトレーニングを続けると頭の滑りが良くなるような感じになるんです(たぶん私だけ?)。

 今はかなりたくさん瞬間英作文に使える教材が出ていますが、ある一冊を納得いくくらいこなしたら、すぐに新たな教材に移るべきだと個人的には思います。なぜなら、基本的には構文を頭に染み込ませるのがこのトレーニングの趣旨だと思われ、それが達成された後だと、劇的な会話力の上達は望めないからです。

 ちなみに、英語上達完全マップの森沢洋介先生もおっしゃっていますが、瞬間英作文を続けていくと、その副産物としてリスニングアップが望めます。最初この話は失礼ながら、眉唾だと思っていたのですが(実際にリスニングアップは感じられませんでしたし)、ずっと続けてきたからこそわかるのですが、リスニング力も確実にアップするということを後に知りました。

 私の会話力はこの間も書いたように、サイバンマンになんとか勝てる程度(つまりまだまだへっぽこ)なので、今後も瞬間英作文を地道にこなして、ナッパさんに挑戦したいです(腕をもがれるのは勘弁です)。毎度のことながら、知らない人すみません。

いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< かかりました。 | ホーム | TOEICパート2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。