カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/28 (Tue) 22:18
過去の勉強を振り返って(TOEIC200~400編)(1)

 900を一回くらい超えたからと言って、こんなことを書くのもおこがましいとは思ったのですが、今回から何回かに分けて、TOEICの点数別の勉強法なり参考書について過去を振り返りながら書いていきたいと思います。

 実はこのブログを始めたころ、このような内容を中心に書いていたと思うのですが、もうずいぶん昔の話ですし、新たに心機一転の気持ちで書いていきたいと思います(ネタがないだけ)。

 私がやり直し英語の勉強を始めた時の実力は、TOEICで言えば200点前後という話はブログやホームページに書いたと思います。一応大学の英文科に所属していたのですが、外国人の先生が何を言っているか全くわからず(とてつもなくゆっくり話してくれていたにもかかわらず)、隣の人に「今、何て言ったんすか」としょっちゅう聞いていました(さぞ迷惑だったろうな)。

 そんな私がどんな勉強をしていたかと言いますと、大学の勉強(主に英文解釈)以外は特に何もせず、とにかく英語勉強法の本ばかり読んでいました。

 どれもほとんど記憶にないのですが、その中で私の印象に残っているのが、井上一馬さんの書いた「英語できますか?」という本です。今でも同タイトルで出ていますが(坂本竜馬が表紙?)、私が読んだのと同じかどうかは中身を見てみないとわかりません。

 そこでは、シュリーマンの学習法(要は「音読はめっちゃ大事だよ」ということ)が中心に書かれていたような気がします。

 で、この本では「アメリカ口語教本」(入門編、初級編)を学習参考書として勧めていました。詳細は忘れましたが、確かそれぞれの参考書の全文を200時間くらい音読すると脳に英語の回路ができるみたいなことが書いてあったような(あまりにも昔でうろ覚えです)。

 






 この教材確かにいいとは思うのですが、当時はCDは別売りで、今そのCD(初級編)が手元にあるのですが、なんと5840円もします。現在はCD付きで2000円前後みたいなので、あの当時よりはお得かと。
 あと、当時と内容が変わらないのであれば、かなりつ●●●●と思います(自重させてください)。

 レビューは賛否両論みたいなので、私にはこの教材の本当のすごさが分かっていないのかもしれません。

 ま~とにかく、毎日30分~1時間入門編のCDを音読したりオーバーラッピング(当時はこんな言葉知りませんでした)したりしていました。この時はそれほど時間数はかけていませんでしたが、これだけで相当な英語力がつくと本気で思っていました。「入門編と初級編を終わらせれば、限りなくネイティブに近づくぜ!」みたいな(んなアホな)。

 今日はこの辺ですみません(すごい中途半端)。


 あと、全然今回の話とは別で、私用のため今週も英語勉強会は行いません。来週は行う予定(7月9日土曜日)ですので、気が向いた方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< 過去の勉強を振り返って(TOEIC200~400編)(2) | ホーム | 英検一級結果発表。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。