カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/07/07 (Thu) 21:21
過去の勉強を振り返って(TOEIC400~600編)(1)

 この時が最もしんどい期間でした。というのも、以前にも書いたように声が出なくなってしまったからです。音読を中心に勉強をしていた私にとって声が出ないというのは致命的でした。

 使った教材も多種多様で、NHKのラジオの講座は片っ端からやっていましたし、石井辰哉先生の教材や、「ジャパンタイムズ社説集」などなど、ある意味ちょっとやけを起こしていたのかもしれません(笑)。音読はできないし、TOEICのスコアは当然全く上がりませんし。

 こんな状態だったので、教材にお金を使うことも全然気にしませんでした(今もか・・・)。そんな私が使ったのが「TOEIC(R)テスト650点突破マラソン」です(当時もこんな名前だったかどうか忘れました)。

 この教材も音読なりシャドーイングなり、とにかく声を出す練習がメインの教材でした。まー声が使えないのはどうしようもないので、とにかく聞いたり読んだり自分ができることをやりました。
 「ディクテーションをなんでやんないの?このアンポンタンが~!!」という意見もあると思うのですが、私ディクテーション嫌いなんです(笑)。少し試みてはみたものの続きませんでした(><)。
 以前にも書きましたが、ディクテーションによりリスニング力を伸ばしている方はブロガーの中にもたくさんいらっしゃるので、この練習方法を否定するつもりは全くありません。間違いなく好きな人にとっては効果的だと思います。

 私は決してアルクのまわし者ではありませんが、この教材、ちゃんと声を出してしっかりやったら相当力がつくと思います。要はTOEICの学習をしながらさらに英語力が高められる構成になっています。
 ちなみに私は全く声を出す練習をしなかったにもかかわらず、この教材終了直前に645点を記録しました。まーお金を出した効果があったわけです。

 ただ世の中そんなに甘くなくて、ここから結構苦戦します。

 つづく(←なめんな!)

 
いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< 過去の勉強を振り返って(TOEIC400~600編)(2) | ホーム | 君と会えたから。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。