カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/07/28 (Thu) 22:14
過去の勉強を振り返って(900~)

 当初は適当に参考書を紹介して、それをホームページに張り付ける予定のやっつけコーナーのつもりだったのですが、今回でなんと18回目となりました。そんなこのシリーズも千秋楽を迎えました。

  私が990点獲得者であればあと数回続けられたのですが、まーその実力がないので仕方がありません。

 多くの方はご存知かもしれませんが、このブログはもともと900点を目指すことを目的にしていました。オーストラリアから帰って来てからも全然900に届く気配がないので、今思えばヤケクソ気味で950点という目標を掲げました。900点を取るためには950点を目指す勉強をしなければという思いももちろんありました。

 多くの方は900という点数に達してから、TOEICを離れて何か他のものを目指すのか、やっぱり950や990を目指すのか一度は考えると思うんですよ。
 韓国と違い日本では900を超えれば会社でもかなり認められるはずですし、900以降はTOEIC講師など英語を職として食べていこうと考える方以外は、社会的付加価値という意味ではそれほど意味をなさないように私には思えます。
 でも、多くの方がそれ以降をやっぱり欲しくなるんですよね(^^)。やっぱりそれが人情ってやつだと思いますし、また、TOEIC自体に人を引き付ける何かがあるのかもしれません。
 
 私の場合はTOEICを受けながら、いつかは俗に言うペラペラになったり、英語の本や英字新聞をスラスラ読んだり、映画を字幕なしで理解したいと常に思っていました。

 英語上達完全マップの森沢洋介先生がおっしゃるには、TOEIC900とは、英語の基礎力の完成らしいです。つまり森沢先生などの達人から言わせればやっとスタートラインに立ったことになります。
 たった2回とは言え私はTOEIC900を超えましたが、その実情は、英字新聞にわからない単語はもちろんたびたび出てきますし、読めない文章ももちろん多々あります。ペーパーバックに至ってはそれ以上に不便を感じています。話す方ではペラペラどころの騒ぎではありません。映画の字幕なし理解なんて「あんたそりゃとんでもありませんよこれが!」状態です。

 ただ、同じ900でも実力は千差万別であり、私のようにへっぽこロボット三等兵の学習者もいれば、「なんであんたその実力で900点しかいっていないの?」と言われるくらい英語力が高いにもかかわらず、点数に反映されていないなんて人もいると思うんですよ。

 で、私が今後目指したいのは「なんであんた900しかいっていないの?」って言われるくらいの英語力を身につけるというものです(単なる自己満足!)。

 何かまたまた本来書きたかったことと違う方向に進んで行っていますが、TOEICで900点を超えたら、もう一度自分は英語で何がしたいんだということを考えなおす必要があるように私は思います。
 再考してみて、「やっぱりTOEICで990点取るまではとことんいったる!」という人はとてもクールだと思いますし、 「私は英会話で大杉正明先生を超えるとよ」という人もグレートだと思うんですよ(この両方を目指されている方もいると思いますが、その人は私から言わせればスパーサイヤ人以外の何物でもありません)。

 「なんで900なの?」というのはまー半分冗談として、私は英語をストレスなく使うというのを今後の目標にしていきたいです。つまり古典を読むとまではいかなくとも、たいていの英語の書物を辞書なしで読み、思ったことをほとんどつっかえないで話し、あらゆる英語のドラマや映画を字幕なしで理解する、ということを最大の目標にしていきます。

 900を超えたあと、一つだけストレスを感じないでできることがあります。それは英語のマンガを読むことです(英語のマンガと言っても日本のマンガを英訳したものです。)これは英語でやりたいことの一つだったので、本当にうれしく思っています(^^)。

 TOEICは好きなので、今後も受け続けますが、特化の勉強はしばらく封印です(その時の気持ちで変えると思います)。これで950を超えれば万々歳なのですが、相当英語力の基礎を上げなければならないと覚悟しています。

 
 何を目指すにしても、英語の道のりは険しいです。でも楽しいものでもあります。このブログを読んでいただいている皆さんもそれぞれいろいろな思いがあって英語の勉強を続けているんだと思います。その先が何であろうとも、お互い頑張って今後も切磋琢磨していけたらいいですね(^^)。

 
  「過去の勉強を振り返って」シリーズにお付き合いいただき本当にありがとうございました。次回からのことは全く考えていませんが、今後ともよろしくお願いします!

いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< 長野へ。 | ホーム | 過去の勉強を振り返って(TOEIC800~900編)(5) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。