カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/08 (Sat) 07:15
これまでの英語勉強の道のり(11)

 その人は、仕事が忙しすぎて声が出なくなってしまったのですが、針治療によりなんとか回復したのです。どうやら「自律神経失調症」だったようです。
 考えてみたら、その時の私は仕事をしながら大学で英語の単位を取り、自分の英語の勉強もし、ろくに遊びにも行かず忙しいと言えば忙しかったです。さらに当時家庭でも結構重い問題が発生してまして、心の状態も完璧ではありませんでした。
 でも自律神経失調症というのは精神にくる病気(おかげさまで鬱になるようなことは全くありませんでした)だと思っていたので、まさか喉にくるとは思ってもみませんでした。実はこの病気は体のいたるところに出るらしくて、たとえば耳鳴り、頭痛、動悸、めまい、なども起こるようです。
 結局私の場合、接骨院に行って、自律神経に電気を流したらだんだん回復に向かいました。2年間も耳鼻咽喉科に通って何の成果もなかったのが、たった2週間でほぼ完全に元通りになったのです。
 インターネットでたまたまそのサイトを見つけなければ、今でも以前の仕事をしながら耳鼻咽喉科に通っていたかもしれません。考えたくもありませんが・・・。
 
 この事件により、私は本当に英語の勉強が嫌いなんだということを再認識しました(笑)英語の勉強が腰痛のためにほとんどできなくなったことにより、喉が少し回復したのですから。九州の田舎に行った時も同じことです。
 つまり英語の勉強が自律神経失調症の原因の一要因だったことは間違いありません。嫌なことを続ける時はある程度の休息を間にいれたほうがいいみたいですね。

 声が治ったことにより、本格的に英語の勉強を再開することになります。ちなみにTOEICの点数はついに600点をきり、580点にまで落ちていました。

 <昨日の勉強時間>2時間30分。内容→ジャパンタイムズ社説集、DUOの音読およびシャドーイング。瞬間英作文。文法書(シリウス)音読。フルハウスのDVDを英語字幕で観る。

 

 
スポンサーサイト

<< これまでの英語勉強の道のり(12) | ホーム | これまでの英語勉強の道のり(10) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。