カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/03/23 (Fri) 20:40
大切なこと、大切なもの。

 先日某国営放送で、ブータンを扱った番組がやっていました。

 ご存知の方も多いと思いますが、世界で一番幸福な国と言われています。その理由は、国民の97パーセントが幸せと感じているからです。
 前国王が掲げた、国民総幸福量に重点を置くという政策の結果でもあるようです。

 番組で言われていたのですが、ブータンにはストレスという言葉が存在しないそうです。どう感じたらいいのかわからないみたいなことを日本語通訳者であるブータン人の人が言っていました。

 さらに自然を大切にしており、木を切るのにも許可が必要で、さらにさらに、野生の鶴を守るためにある地域では電線を引くのを取りやめたそうです。電気よりも他の動物が大事なようです。 その他に、家畜の牛の餌が冷たいとかわいそうだから食べる前に温めてあげたりとか、本当に驚きの連続でした。

 正直参りました。この人たちの人間性にはどうやっても太刀打ちできないと思いました(もちろんそのような人間になりたいと思ってはいます)。

 ほぼすべての人が他人を信じ、家を建てるときはみんなで協力し、医療費も学費も無料、こんな夢のような世界があるんですね。

 ただ、物質的な豊かさであれば、日本の方が100倍くらいすごいのではないのでしょうか?

 みんな幸せになるために生きていると思うのですが、向かっている方向が(私も含めて)間違っているような気がします。これ以上続けるとマイナスなことを書いてしまうと思うので自重しますが、自分の今後についていろいろ考えさせられる番組でした。

 番組を見ているだけで、とても心が洗われました。某国営放送に感謝です(^^)。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< 「母さんのコロッケ」 | ホーム | dynabook R731/W5UE >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。