カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/05/03 (Thu) 20:37
「舟を編む」

 今回のブログのタイトルは2012年の「本屋さん大賞」第一位に輝いた、「三浦しをん」さんの作品です。

 本屋さん大賞に輝く前から買っていました。確かノミネートされていた時だったと思います。私が三浦さんの作品を読んだのは、2007年にこれまた本屋さん大賞で3位に入った「風が強く吹いている」以来です。というか、小説自体久しぶりに読んだと思います。

 三浦さんの小説に出てくるギャグは結構私のツボで、今回も笑わせていただきました。ちょっとネタバレになってしまうので、以下は追記からでお願いします。

 できるだけ、詳細は書かないように努力しますが、この作品に興味があってこれから読もうと思っておられる方はごきげんようということでお願いします(^^)。



   この作品は、「辞書作り」という今までほとんどスポットライトを浴びてこなかったものを題材にしています。辞書作りってめちゃんこ大変なんですね。
 今回は国語辞典の辞書作りでしたが、英和辞典だろうがなんだろうが、大変さという意味では変わんないんだと思います。英和辞典や英英辞典を適当に買って適当に読んだりできないとつくづく思いました。

 舟を編むというタイトルは、本を読んでいただければわかりますが、この辞書作りと関係があります(まっ、当たり前か)。全体的にほのぼのとしていて、感動的でもあり、とてもいい話です。

 何かに情熱を傾けることの素晴らしさを教えてくれる作品でもあります。もうすでに読まれた方はたくさんいらっしゃると思いますが、もし興味が出ましたら、本屋さんで手に取ってみてはいかがでしょうか(^^)。





いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< 命を懸けるということ。 | ホーム | いつも自分が一番下手だと思ってやっている >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。