カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/07/25 (Wed) 21:57
TOEICのリーディングについて。

 昨日せっかく宣伝していただいたので、調子こいてTOEICのリーディングについて書きたいと思います。といっても、リーディングが300点を超えない人(もしくは350点)に向けて偉そうにも書きたいと思います(本当に偉そうだ!)。

 多分ですが、良い参考書を使ってたくさん勉強しているにも関わらずリーディングのスコアが300に達しない人は、恐らくちゃんと英文が読めていないと思います。TOEICの文章は構造的には難しいものは出ないと思うので、構造をしっかり把握して読めれば、ほぼすべての英文をしっかり理解できるはずです(単語力があるという前提で)。

 それ故、もしいくら勉強してもリーディングが上記の点数を超えない方は、もう一度自分の読解力を分析してみる必要があると思います。

 初受験で素晴らしいスコアを出される方は、ほぼ間違いなく大学受験等で基本的な英文解釈力が完成している人だと思います。その英文解釈力がなくて英語の勉強をするということは、穴の開いているバケツに水を注ぐようなものです。
 
 ちなみに、私もこれまでかなり大きな穴の開いたバケツに水を入れ続けてきました。私は大学受験のための英語の勉強をした経験がないので。今でも私のバケツにはしっかり穴が開いていると思いますが、少しずつ穴をふさいでいっているつもりです(私も未だに英字新聞で読めない部分がかなりあります。これも英文解釈力不足です。)。
 ただ、TOEICではスピードや情報処理能力は問われているものの、難解な文章はほぼ出ないと思います。それ故、ある程度のしっかりした英文解釈能力があって単語力があれば、350は超えるはずです(←偉そうだお前!)。

 基、とにかくもし心当たりがある方は、簡単な英文解釈の本を徹底的にやるのがスコアアップの一番の近道だと思います。TOEICの参考書で基礎の英文解釈を扱ったものがあればベストですが(もちろん信頼できる作者が作ったもので)、どうなんでしょうか?

 ちなみに私は、中村澄子先生の初期の千本ノックシリーズで、英文解釈の練習をしました。でも、この本も英文解釈の仕方までは教えてくれません。

 私も買いますんで、誰か作ってください(結局そんなオチ?)。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< 新たな出会い? | ホーム | えーと >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。