カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/08/14 (Tue) 20:53
みんなすごいっす。

 昨日から今日にかけて、いろいろな方がご自分のスコアをブログに載せていますが、多くの方が800後半から900後半なんですけど(満点もいますし)・・・。

 これを見ていると「Aクラスとかマジで余裕なんじゃないの?」なんてアホな錯覚を起こしてしまいそうです。それぐらい周りの皆さんのレベルにはビビらされます。ぶっちゃけちゃいますと、私が今TOEICを受けたら、パート5の先読みはできないですし、まず900を超えることはありません。とんでもないスコアを叩きだしそうで怖くて受けられません(笑)。


 こんなことを書きたかったんじゃなくて、え~と、これも何度か書いていますが、英語をやるにあたって才能は必要だと思っています。「そんなことない!」という反論もあるでしょうが、AさんとBさんがいて、同じ方法で同じ時間勉強したとして、二人の結果が同じことはありえません。つまり、この二人の間にできたものが才能の部分です。つまり「習得の速さ」という才能がどうしても出てきてしまいます。こういうことはどんな分野においてもあると思います。

 ただ、「どんなに時間をかけてもTOEIC900を取る!」ということに関しては、才能は必要ありません。というのは、才能や方法はどうあれ続けていればいつか取れるからです。この「続ける」ということができそうでできないわけで、そういう意味では「続けられる」というのも才能なのかもしれません(さすがにこれを「才能」の一言で片づけたくはありませんが)。

 兎にも角にも、今回目標スコアを達成された皆さん、本当におめでとうございます。皆さんの頑張りに私も感化されて、今日の英語プログラムを達成できました。。本当にありがとうございます。

 明日はスコアの発表なさそうなので、頑張れるか微妙です(←どこまで、他力本願なんじゃ!)。

いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< リサイクル | ホーム | 習慣を取り戻すのは、なかなか・・ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。