カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/08/27 (Mon) 22:33
フェルメール

 先日某上野で「真珠の耳飾の少女(青いターバンの少女)」(フェルメール作)他、いろいろな有名な絵が展示されているということだったので、行ってきました。

 過去には、レオナルド・ダ・ヴィンチ作『ほつれ髪の女』等も某渋谷に見に行ったことがあります。

 実は絵にそれほど興味があるわけではないのですが、一生に一度の体験かもしれないことにはなるべく手を出そうという考えで行動に出ています。だって、行けばいいだけなので(^^)。

 オーストラリアでもそのような考えで動けばよかったと今は思いますが、今からでも遅くないので、自分のできる範囲でいろいろな経験をしたいと思っております。




 この絵の周りには人がたくさんいて、30分も待たされました。やっぱりフェルメールすごいっす。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< リアル・スティール | ホーム | 英検へ >>

コメント

“真珠の耳飾りの女”、この絵を描いた頃の画家の生活を映画化したした、コリン・ファース、スカーレット・ヨハンソンの映画見た事あります。とても良い映画だったので、その後、コリン・ファースのファンになり、最近では“英国王のスピーチ”を見て心に残りました。
いつも勉強の邪魔をしてすみませんね、その上、私のコメントなどにその都度返信をいただいて申し訳ないです。
また、ブログ訪問してくださってありがとうございました。

R,janvierさんへ。

 R,janvierさん、こんばんは!

> “真珠の耳飾りの女”、この絵を描いた頃の画家の生活を映画化したした、コリン・ファース、スカーレット・ヨハンソンの映画見た事あります。とても良い映画だったので、その後、コリン・ファースのファンになり、最近では“英国王のスピーチ”を見て心に残りました。

 私はフェルメールについても実は全然詳しくなくて(それでよくぞ絵を見に行ったという感じですが・・・)、その映画も知りません(><)。ただ、英国王のスピーチ確かに面白そうですね(^^)。
 

> いつも勉強の邪魔をしてすみませんね、その上、私のコメントなどにその都度返信をいただいて申し訳ないです。

 いつも勉強しているわけでは全然ありませんので、コメントも気にせずどんどん下さって結構です。励みになります!

> また、ブログ訪問してくださってありがとうございました。

 とんでもございません。こちらこそ、いつもコメントいただき本当にありがとうございます。

 ではまた!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。