カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/10/10 (Wed) 21:48
pervert

pervertとは所謂、変態です。のっけからまたわけのわからないことを書いていますね(笑)。

 スペイン人のTさんと、某秋葉原に友達のお土産を買いに行った時の話です。Tさんは「NARUTO」と「ワンピースのゾロ」のフィギュアを探していました。

 私も初めてフィギュアとかおいてある店に行ったのですが、たくさんあるんですね。某東京に住んでいながらカルチャーショックを受けました。
 
 しかしTさんが最も衝撃を受けていたのは、アニメキャラクターの少女の写真等です。アニメの幼い少女キャラがスクール水着を着ているポスターとかもあったのですが、それを見た瞬間、「スペインなら逮捕されている」と言っていました。どうやら日本では合法?のこれらのポスターはスペイン人にとってはかなり変態系の物に見えるらしいです。

 そういえば、ずいぶん前にこのブログでおなじみのJさんが「日本にはアメリカよりはるかにたくさんの変態がいる」と言われたのを思い出しました。Jさんはpervertという単語を使わすに、「ヘンタイ」の部分は日本語を使っていました(多くのアメリカの子どもは「ヘンタイ」という日本語を知っているそうです)。

 この時は私も、「アメリカ人の方が全然変態多いでしょ!」とさすがに反論しました。実はJさんのスタンスもTさんと同じで、要は幼いアニメキャラの水着等が所謂オタクと言われる人たちに人気があるということ自体がアメリカでは考えられないそうです。ちなみにアメリカでもそのようなポスターを持っていたら逮捕されると言っていました。もちろん州にもよるのでしょうが。

 日本は昔から漫画等の人気がありましたが、それがだんだんエスカレートして今のような状態になっていったんだと思います。

 話題はちょっとお子様向けではありませんでしたが、異文化の比較は面白いです(^^)。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< 明日は英検 | ホーム | 速読の講座に行っていました(2)。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。