カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/01/09 (Wed) 23:42
点数に一喜一憂をするのもいいですが、

 このブログで何度も書いていますように、私はTOEICに非常に感謝していまして、とても好きです(じゃーたまには受けなさい!)。

 ただ、スコアで一喜一憂しすぎるのはどうかと個人的に思います。特に一番よろしくないと感じるのは、全然点数が上がらなくて自分を傷つけるような場合です。「なんでこれだけしか上がらないんだ~」とかなんとか。

 うーん、会社とかで点数を求められていたらもちろんこうなるのは仕方ないと思います。でも、個人で普通に受けている人にも「なんで私はこれだけしか上げられなかったんだ」とか「俺頭悪いんだ」って人いると思います。

 語呂がいいので一喜一憂と書きましたが、「一喜」の部分は別にいいのではと思います。前の文章との矛盾を感じますが、このブログは矛盾ばかりなので許してください。

 基、会社で求められている人はともかく、そうでない人は、点数とかに紛らわされないでほしいです。TOEICだけで英語力が決まるわけではありませんし、もし英語を本気で上達させたいのであれば、TOEICは通過点に過ぎません。これは仮に990点取っていても言えると思っています(あー言っちゃたこの人)。

 しっかり勉強していても点数は上がらないことがありますが、それでも英語力は着実に上がっているはずです。人間の脳はそういう風にできていますし。要は、見失ってほしくないのは、「英語力を上げる」という本来の目標です。「英語力はいらんTOEICの点数だけくれ」っていう人も大好きですが、ほとんどの人は英語力を上げたくてTOEICをやっていると信じています。だからこそ点数だけを見ないで、その点数の裏にある自分の潜在的な英語力に注目してほしいです。

 なんてことをふと思ったので書きました。なんか真面目だ。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。もし気が向きましたら、クリックしていただければ幸いです(^^)。
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< 恩師。 | ホーム | CNN >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。