カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/10 (Tue) 18:31
リスニングのブレイクスルー

 「ブレイクスルー」とは、ある瞬間に自分の上達に気づくときによく使われる言葉です。ちなみにスペルはBREAKTHROUGHです。
 意味は、
 1 (障害となっているものなどの)打開(活動);(行き詰まりからの)進展;(難関の)突破. 2 (科学知識・外交・産業などにおける)(飛躍的な)前進, (大)躍進. 3 (敵の防御線の)突破作...

 などとなっています。

 英語学習において、特にリスニングでこのブレイクスルーは何回も体験することになります。私はTOEICで600を超えたときに、本当に実感しましたが、それ以降はいわゆる「ぷち」ブレイクスルーを何回か経験しています。前回TOEICのIPテストでもこのブレイクスルーを実感できました。
 何が効果的か考えたのですが、やはりNHKラジオの「徹底トレーニング英会話」のおかげのような気がします。結構容赦ない速さで番組の英語は流れます。それが効果的なんだと思います。
 ただ、「実践ビジネス英語」のほうがスピードは遅いのですが、聞き取れません。内容が難しいからでしょう。

 私的にはリーディングのブレイクスルーを何度も感じたいです。努力あるのみですね。

<昨日の勉強時間>5時間05分。内容→英検一級問題集でリーディング。単語帳で単語暗記。 NHKラジオ「実践ビジネス英語」および「徹底トレーニング英会話」の音読およびシャドーイング。「1日1分レッスン! 新TOEIC Test 千本ノック」を解く。
スポンサーサイト

<< めずらしく悩んでいます。 | ホーム | 英検一級問題集の効果 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。