カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/15 (Mon) 06:52
英語勉強法2

 もうひとつ私には勉強パターンがあります。それは、長文の教材は使わないということです。例えば単語学習参考書の「DUO」は、短い例文を一つ一つ学習しながら単語をマスターしていく形体の教材です。それに対して、これまた単語学習参考書の「ダイアローグ1800」は、長文を学習しながら単語をマスターしていく形体の教材です。
 
 私は「DUO」はかなりボロボロになるまで使いましたが、「ダイアローグ1800」は、最初の10ページくらいで止まっています。

 思うに、長いとやる気がでないんですよね。例文が短いと、少しくらいやってみるかという気持ちになります。で、その短いを繰り返すことによってある程度まとまった学習ができることになります。
 もちろんこれは私のようなものぐさ人間に限ることだと思います。はっきりいって「ダイアローグ1800」は非常にいい教材です。アマゾンのレヴューの評価も高いです。もしこの教材をきちっとこなせば、相当な実力がつくことは間違いないと思います。ただ私にとっては「ものぐさに小判」でした。

 それゆえ私の使っている教材は、例文が短いものばかりです。


 <昨日の勉強時間>2時間40分。内容→NHKラジオ「まるごとラジオ英会話」、「新TOEICテスト英単語・英熟語の忘れない覚え方 」の 音読およびシャドーイング。瞬間英作文。文法書(シリウス)音読。フルハウスのDVDを英語字幕で観る。
スポンサーサイト

<< 鏡の法則 | ホーム | 英語勉強法 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。