カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/24 (Wed) 22:10
切ないけど、とても幸せです。

 ここ数日いろいろなイベントがあったため、載せたくても載せられなかった記事を今日紹介します。

 12月20日の毎日新聞の夕刊に載っていたのですが、いやー、今年一番切ない気持になりました。こんなことってあるんだと心の底から思いました。

 読んだかたもいらっしゃるかもしれませんが、江ノ島電鉄の運転士になりたいという夢を持ちながら、10年前に難病で亡くなった新田朋宏君(当時16歳)の話しです。

 以下毎日新聞から抜粋します。

 江ノ電:早世の少年に運転士「辞令」 没後10年夢かなう

朋(とも)君、天国で思いっきり走ってください--。江ノ島電鉄(神奈川県藤沢市)は22日、「運転士になりたい」という夢を持ちながら10年前、難病で亡くなった少年(当時16歳)に運転士の辞令を発令する。少年は亡くなる4日前、運転席に試乗してハンドルを握る夢をかなえたが、毎日新聞神奈川県内版で当時のいきさつを知った深谷研二社長が「ぜひ夢の続きを」と、本物と同じ辞令書を少年の父親に手渡すことにした。

 少年は東京都大田区の会社員、新田和久さん(56)の一人息子で、先天性心疾患「拡張型心筋症」だった朋宏さん。4歳の時に母親を同じ病気で失い、約11年間、同県茅ケ崎市の施設で育った。見舞いに来る和久さんとよく江ノ電に乗り、「大きくなったら江ノ電の運転士になるんだ」と語っていた。

 試乗は容体が悪化した98年11月11日、江ノ電の全面協力で実現した。制服、制帽姿で運転席に乗り込み、運転士の後ろで全線の旅。その後、検車区で「タンコロ」の愛称で知られる108型車両のハンドルを握り、運転士と一緒に動かした。当初は反対していた関東運輸局(横浜市)も「聞かなかったことにする」と黙認したという。

 10年後の今年10月、和久さんの知人で東京都品川区の塾経営、石井彰英さん(53)が感謝の気持ちを込めて江ノ電の精巧な模型を同社に寄贈。これを報じた12月3日付の記事を読んだ深谷社長が「他の仕事を休んででも、早く朋宏さんに夢の続きを」と職員に指示した。22日は、江ノ島駅(藤沢市)で辞令を交付した後、利用客のボタン操作で動くように改良した模型電車の出発式もある。

 和久さんは「ここまでしてくれた江ノ電を(将来の夢に)選んだ朋宏を褒めてあげたい」と感激している。

 
 お母さんを幼くして亡くして、同じ病気で自分も死んでしまうなんて、切なすぎます・・・・。

 それでも江ノ電に乗りたいという夢を持ち続けた朋君の心は、どれほど強かったのでしょうか。詳しい状況とか一切わからないのですが、恐らく自分の命はもうそれほど長くないことを本人は知っていたのだと思います。「最後に夢をかなえたとき、どんな気持ちだったのかな。」「そのあとも本物の運転手になれることを夢見ていたのかな。」、、、いろいろなことを想像してしまいます。

 実は私の周りにも、母親や父親をすでに亡くしている友人が数人います。おかげ様で、私の両親は健康で、弟も健康すぎるくらい健康です(生活は不健康ですが)。

 そしてもちろん私も健康で、毎日楽しく生きています。

 これ以上の幸せはないとつくづく思います。

 これを機に毎日全力で行きます。そして毎日全力で生きます!!
 
 今回は新聞を抜粋したため、かなり長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございました。

(昨日の勉強時間)→3時間10分。

(明日の予定勉強時間)→6時間。

 

スポンサーサイト

<< やっとすべてが終わりました。 | ホーム | 12月15日から12月21日の記録。 >>

コメント

悲しいニュースですね。
そういえば飯島愛さんもお亡くなりになったそうで。

話は変わりますが、先日のオフ会はお疲れ様でした。
お会いできてうれしかったです。
今年は私の企画したオフ会に参加してくださり、ありがとうございました。
オフ会参加回数はしゅうさんが一番多かったです。
またウゴキャンの際もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
2009年が良い年でありますように。

Happy Christmas!


神崎先生へ


 コメントありがとうございます。

 クリスマスイブの日にあのような切ないニュースを書くのもどうかと思ったのですが、私は無宗教なので実行しました(笑)。

 ブログをやっていなければ、神崎先生のような著名人にお会いできることはほぼ100パーセントなかったわけで、そういう意味でもブログに感謝です。来年もオフ会出席率ナンバー1をめざします(笑)。

 「正解一直線」にあともう少しで取り組めそうです。神崎先生の力を借りて、1月のTOEICと闘いたいと思っています。

 来年もよろしくお願いします!

 今年最後の大仕事頑張ってください!!

 ありがとうございました。

たしか24時間テレビで、ドラマにもなったあのお話かなと思いながらこの記事を見ました。夢の続きがあったなんて、きっと天国にいる朋君もうれしいだろうし、この記事を読んだ人、江ノ電の社員の人、みんながうれしい・・・ どう表現してよいかわからなくてごめんなさい。。私もすごくジーンときました。

Re: タイトルなし

> たしか24時間テレビで、ドラマにもなったあのお話かなと思いながらこの記事を見ました。

 24時間テレビでやっていたのは知りませんでした。世の中には一生懸命に生きているにもかかわらず、夢等が絶対に実らない運命の人がいることを考えると、いかに自分の環境が最高であるとつくづく思います。

 年末だけでもものぐさ心を封印し、ひたむきに努力していきたいと思います。

 コメントありがとうございました(^^)。

 リンクさせていただきますね。もし支障があればお願いします(^^)。

 ではまた!
 
 

しゅうさん様。はじめまして。

頭の固い(と、よく言われている)お役人さん(関東運輸局の方)が黙認した、という所に感動しました。粋だね!と言ってあげたいです。
江ノ島電鉄の皆さんも素晴らしいと思いました。

イギリスゴさんへ

 私も「粋」だと思いました。普段そういうことをやらなそうな人が、感情に任せてルールを破るというのはまさに粋です。

 このような人に私もなりたいです(^^)。

 コメントありがとうございました。

 今後ともよろしくお願いします!
 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。