カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/01/08 (Thu) 18:44
ケアレスミス

 模試を解いていると、最近ケアレスミスが多いです。もともと非常にミスが多い人間なので仕方がないのですが、ケアレスミスで点数を落とすのは本当にもったいないです。本番で時間が20分くらい余れば見直しができていいのですが、その域まで行くのにあと何年かかるかわかりません。

 注意深く回答するしかありませんね。

(昨日の勉強時間)→10時間

(明日の予定勉強時間)→10時間

 
スポンサーサイト

<< シャドーイングの副産物 | ホーム | 早起きが鍵。 >>

コメント

課題

私も非常にミスが多いです。
人間はミスをする生き物である
なんてことはいってられませんので
どうしたらいいでしょうか?
教えてください。

ぬくぬく組団長より

えみえもんさんへ

> 私も非常にミスが多いです。
> 人間はミスをする生き物である
> なんてことはいってられませんので
> どうしたらいいでしょうか?
> 教えてください。

 わかりません(笑)。いや~本当に私にとって永遠のテーマです。
 
 ただしTOEICにだけ限定すれば、自分のマックススピードで解かないことで解決できることだと思います。

  たとえば一流の外科医の中には、普段手術を丁寧にやっていても、ここぞという時だけ(患者の体力がなく手術をできるだけ早く終わらせなければならない場合など)には、マックススピードで行う人がいるみたいです。
 つまり2時間をマックススピードで解くのではなく、少々落ち着いて解いて、5分前位に終わらせられれば理想だと思います。
 今の私の実力では無理ですが(マックススピードでも終わらないので)、えみえもんさんならできると思います。

 あとは集中力です。毎日400問位解いて鍛えるしかありません(私は口から泡を吹くと思いますが)。

 ありきたりのことしか書けなくてすみません(><)。本当に本当に大事なのは、自分を信じて全力でいくことだと思います。そしたら神様も手伝ってくれると私は思っています。
 
 日曜日お互い全力でがんばりましょう!

 ではまた(^^)
 
ぬくぬく組組員より。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。