カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/12 (Fri) 13:54
命ある限り

 今日、今お世話になっている学校を終了しました。正直、先生は本当に素晴しく、通っている生徒もみんなとてもフレンドリーでいい人ばかりでした。

 世界中(もちろん日本も含めて)の人からたくさんメールアドレスを頂いたので、日本に帰ってからもメール等を通じて交流したいと考えています。私は結構ちゃっかりしているので、メールを送るたびにガイドをお願いしています(^^)

 唯一今回の学校の欠点をあげるとすれば、私にとって優しすぎました。(もちろん全然易しくはなかったのですが。)

 ものぐさ人間の私はもっと厳しい環境で勉強しなければなりません。ホストファミリーにこの話をしたら、「それはあなた次第だよ」、つまり自分に厳しくすれば学校の環境がどうだとか関係ないと言ってくれたのですが、やはり強制的に厳しくしてもらわないとどうしても甘えがでてしまいます(特に私の場合)。

  新しい学校はかなり厳しいシステムになっているので、私という人間にはぴったりの学校です。あとは先生次第ですね。今回の学校の先生が本当によかったので。
 
 英語以外で大事なテーマとして、他者への貢献を目標に掲げたのですが、英語以上にほとんど達成できませんでした(><)。貢献しようと努力はしたのですが、時には空回りしたりとか(笑)。

 次の学校でも「利他の精神」を第一命題にして、「命ある限り」という気持ちでいろいろなことに取り組んでいきます!

 今は私と関わってくれた全ての人に対し、感謝以外に言葉がありません。

 皆さん本当にありがとうございました!  

 私の最も好きな曲の中の1つです。今の気持ちは全くこの曲の歌詞と一致しています。

 私のオーストラリア日記はとりあえず今日で第一章を終了とします。実は新しい学校が始まるのは再来週の月曜日なので、それまで完全にフリーです。

 もう本当に日本語を忘れるくらいの勢いで勉強して、トラウマになるくらいの心に残る一週間にしたいと思います。
スポンサーサイト

<< 誕生パーティー | ホーム | 3ヶ月(12週間)を振り返って。 >>

コメント

無事、第一章終了おめでとうございます!
第二章も楽しみにしています!

ふと思ったんですが
しゅうさんは某県で英語講師をされていたのですよね。
そのしゅうさんから見た、語学学校は、どのように感じられますか?日本の先生方は、教えること以外の雑務に多忙しているとメディアでよく聞きます。そういう観点から、学校の授業にどのような違いがあるのか、
また、しゅうさんの記事に、「次の学校は先生次第」と言うような文もありましたが、僕はある程度レベルの学校であれば、詰まるところ自分自身の取り組みだと考えています。
日本の高校生と、留学している日本人、そして他の国出身の留学生の取り組みに違いはあるでしょうか?
教えてください。

ルンバさんへ

 ルンバさんこんにちは!

> 無事、第一章終了おめでとうございます!
> 第二章も楽しみにしています!

 実は第二章までブログの更新を控えようかと思ったのですが、今日オーストラリア1.5というわけのわからないカテゴリーを無理やり作って更新します(^^)。

> ふと思ったんですが
> しゅうさんは某県で英語講師をされていたのですよね。
> そのしゅうさんから見た、語学学校は、どのように感じられますか?日本の先生方は、教えること以外の雑務に多忙しているとメディアでよく聞きます。そういう観点から、学校の授業にどのような違いがあるのか、

 雑務の影響は非常にあると思います。私は大したことはしていなかったのですが、雑務に追われているため、納得のいく授業準備がなかなかできない先生方もたくさんいたかもしれません。

 あと、いわゆる有名進学校と言われるような学校の先生は、夜遅くまで教材研究をしているという話を聞きました。

> また、しゅうさんの記事に、「次の学校は先生次第」と言うような文もありましたが、僕はある程度レベルの学校であれば、詰まるところ自分自身の取り組みだと考えています。

 全くその通りです。ちょっと言葉足らずだったのですが、いわゆる先生と私の相性です。本当に人柄というか、人間的に尊敬できるような先生ばかりだったので。
 先生を嫌いになってしまうと授業の内容がいくら素晴らしくても、やる気が半減してしまうのが人情だと思います。

> 日本の高校生と、留学している日本人、そして他の国出身の留学生の取り組みに違いはあるでしょうか?

 英語が好きでがんばっている日本の高校生が卒業後もしくは大学を休学して(後者の方が多いです)留学してきていると思うので、この両者の比較は難しいですね。20~25歳くらいの日本の学生さんがたくさんいるのですが、皆さん比較的モチベーションが高いです。

 あとつくづく思ったのですが、韓国の学生と日本の学生を比べるとあくまで私の私見なのですが、全体的に韓国の学生のほうがスピーキングやリスニング力において上だと感じました。韓国の人たちが英語を習得する難しさは日本人と変わらないはずなのですが。

 TOEIC800点の韓国の女性と一緒に授業を受ける機会があったのですが、私の方が最高スコアは上にもかかわらず、総合的な英語力は天と地くらいの差がありました(笑)。

 国籍で取り組み方の違いはそれほど感じませんでしたが、ポーランドの女性が非常に頑張っているのが印象に残りました。

 いつもコメントいただいて本当に感謝しています。また何か疑問に思ったことがありましたら、是非コメントください。なかなか的確に答えることはできないのですが(笑)。

 では!

ありがとうございます

丁寧な返答ありがとうございます!
私の解釈不足のところもあり、大変失礼しました。

しゅうさん、日本代表ということで
周りの留学生にアピールしてきてくださいね。

日本より応援してます!

ルンバさんへ

 ルンバさんたびたびのコメントありがとうございます(^^)

> 丁寧な返答ありがとうございます!
> 私の解釈不足のところもあり、大変失礼しました。

 とんでもございません。あの記事で私の本意を知るのはほぼ不可能だった思います。ルンバさんに指摘していただいたおかげで、本意が他の方にも伝わったと思うので(コメントをチェックしていただいていればの話ですが)、とても感謝しています。

> しゅうさん、日本代表ということで
> 周りの留学生にアピールしてきてくださいね。

 この点については他の方からも言われました。変なことだけはしないように心がけています(笑)。

> 日本より応援してます!

 ありがとうございます。皆さんの応援のおかげで今の私があるわけであり、その期待に応えられるよう、これからも精進してきます。

 ありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。