カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/01 (Sat) 06:26
これまでの英語勉強の道のり(4)

 書き忘れていたのですが、この頃リーディングの教材に使っていたのが「英語リーディング教本―基本からわかる」(薬袋善郎著、研究社)です。この本はまさに目から鱗の本でした。ただ、好き嫌いが分かれる本だとは思います。もし内容を見て大丈夫だと思えたら、絶対に買うべきです。私はこの本の内容を基礎にして、単語さえわかればほとんどの英文を読めるようになりました。
 リーディング教本をちょっと易しくしたのが「英語ベーシック教本―ゼロからわかる 」です。こちらももちろんお勧めです。
 
 TOEICを受けようと思ってはみたものの、ろくに対策などはせず、私がやっていたのは、NHKラジオの「レッツスピーク」という番組(今は「徹底トレ-ニング英会話」に番組名が変更になったと思います)を聞いて、そこの中の文章をそれぞれ30回音読し、「英語リスニング入門」(今はやっていません)を聞き、あとは先ほどの「英語リーディング教本」をひたすら読むというものです。
 TOEICを受ける前英検2級を一応持っていたこともあり、600点ぐらいいきなりとれるのではないかという幻想のようなものを描いていたのですが、その後いかにそれが甘い考えであったか思い知らされます。

 <昨日の勉強時間>2時間10分。内容→ジャパンタイムズ社説集、DUOの音読およびシャドーイング。瞬間英作文。文法書(シリウス)音読。フルハウスのDVDを英語字幕で観る。
スポンサーサイト

<< これまでの英語勉強の道のり(5) | ホーム | これまでの英語勉強の道のり(3) >>

コメント

じっくり読ませていただきました

実際に使用した方のお話を聞けてよかったです。
私はこの本に拒否反応が出るようなことはなさそうなので、大丈夫そう。(^^)

今の私は、わかる単語を拾って
なんとなくこんなかな~とフィーリングで読んでいるので

>私はこの本の内容を基礎にして、
>単語さえわかればほとんどの英文を読めるようになりました。

↑こうなれるように、最後までやってみます!(^^)

ころりんさんへ

 この教材をマスターすれば、英文に対する見方が本当に変わると思います。
 英語マスターの道のりは長いと思いますが、お互い気張らずにコツコツと頂上を目指しましょう!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。