カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/03 (Sat) 06:31
何のために勉強するのか?(3)

 私が一番思い知らされたのは、自分が実は全く何もできない人間だったということです。
 高校時代までは、学校の勉強なんてほとんど何もしていなくて、そのときもたとえば「数学なんて将来必要ないし」などと言いながら、他の科目である化学や生物、物理その他もろもろ、そしてもちろん英語も全くやる必要がないと思っていたので、全く勉強しませんでした。体育だけは一生懸命やりましたが(笑)。
 
 私の最初の職場でももちろんこれらが必要だったわけではないのですが、これらをしっかりやっていたらもっと最初から仕事ができたとは思います。なぜなら、いろいろな勉強をするというのはある意味いろいろな頭の使い方をしているからです。すなわち頭の使い方のバリエーションが多ければ多いほど未知の仕事に対応できるのです。

 実は脳というのは、どんなに複雑な仕事をしていても、同じことをしていたらだめになってしまうそうです。つまり脳を安定した状態で使用するためには、いろいろなことに興味を持ち、いろいろなところで頭を働かせるのが一番なんです。

 私ははっきりいって、これらを怠ってきました。もちろん通信制の大学と専門学校である程度勉強をする習慣はついて、前よりもちょっとは勉強するようになっていましたが(主にこのときは法律の勉強をしていました)、とてもそれらは仕事で使えるレベルではありませんでした。
 
 以前の私の仕事は法律や英語がたまに役に立つことはありましたが(これらはどのような職種でも全く使わないということはないと私は思います)、基本は単純作業の繰り返しです。スピードと正確さを主に求められる仕事でした。

 生来の怠け者の私にとってこれほど向かない仕事はありません(笑)。速いよりものろい方がどちらかと言えば好きですし、私の辞書に「正確さ」という言葉はこの当時ありませんでした(笑)。

 まー、とにかく入ってから四苦八苦するはめになります。

 次回につづく。

<昨日の勉強時間>約3時間10分。内容→ジャパンタイムズ社説集の音読およびシャドーイング。TOEIC公式問題集の音読およびシャドーイング。 フルハウスを英語字幕で観る。
スポンサーサイト

<< 何のために勉強するのか?(4) | ホーム | 何のために勉強するのか?(2) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。