カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/02 (Sun) 09:27
久しぶりに連続更新。

 私が行く図書館は休日はいつも11時から開くので、その隙間時間に更新です(毎度のことですが、そのあいだに勉強しろという感じですね)。

 金曜日にブラジリアンバーベキューに行ってきました。といってもブラジリアンレストランでバーベキューの料理を食べただけなのですが・・。

 そこでチリ人のクラスメイトといろいろ話をして、面白いことを聞きました。彼は英語の文法を勉強したことがほとんどないそうです。本人いわく全く勉強したことがないそうです(さすがにそれはないだろうと思いましたが)。

 彼はすでに英語を自分の感覚でマスターしているんです。そういえば授業中先生に、語順の間違いをしていることを指摘されたとき、「感覚的に変だと思うからこの語順にした」と言っていたのを聞いたことがありました。

 「それゆえ(多少は文法は間違っていても)あれだけ流暢に英語を話せるんだ」と納得しました。

 感覚的に英語をモノにするまで、私たち日本人はどのくらいの時間が必要なのかわかりませんが、その領域はまさに私が理想としているところです。そこまでいつ達するのか・・・。もしかしたら一生達しないのかもしれません。

 だけど、その頂を目指して、これからも少しずつ前に進んでいきたいと思います。


  やっぱりこの曲は最高です。  

 
スポンサーサイト

<< 束の間の更新 | ホーム | 痩せました(笑) >>

コメント

英語とスペイン語は

こんにちは。
件のチリの方がスペイン語を母国語としているならば、英語と言語的に近い関係にあるので、まったく文法を勉強していないというのは、不思議ではないような気もします。

http://spanish-translation.aaronlanguage.com/reading/english_to_spanish_translation.htm

>彼らが英語を学習する時は、似ていない単語 ( 例えば水 agua は water とか ) とちょっとした文法の違いを覚えればいいのだから、数ヶ月もするとマスターしてしまう。

うらやましい限りです。逆にチリのお友達が日本語を話そうとすると我々が英語で苦労するのと同じような目に遭うのではないでしょうか。

もともとハンデを背負っている日本人が、英語を感覚でわかるようになるまでには相当の努力を強いられそうですが、その日が来るまでお互い頑張りましょう!

モーさんへ

 モーさん こんにちは!参考になるご意見ありがとうございます。

> 件のチリの方がスペイン語を母国語としているならば、英語と言語的に近い関係にあるので、まったく文法を勉強していないというのは、不思議ではないような気もします。
http://spanish-translation.aaronlanguage.com/reading/english_to_spanish_translation.htm

 早速こちらのサイト拝見させていただきました。英語とスペイン語がある程度似ているということは知っていたのですが、まさかここに書かれているほど似ているとは思ってもみませんでした。

> >彼らが英語を学習する時は、似ていない単語 ( 例えば水 agua は water とか ) とちょっとした文法の違いを覚えればいいのだから、数ヶ月もするとマスターしてしまう。
> うらやましい限りです。逆にチリのお友達が日本語を話そうとすると我々が英語で苦労するのと同じような目に遭うのではないでしょうか。

 このチリのクラスメイトは、ポルトガル語もある程度できるので、周りのブラジル人と本当にうまくコミュニケーションをとれます。日本語にはあまり興味がないみたいですが、私のフルネームを日本人よりもうまく発音しました(笑)。彼は語学に対する感覚も鋭いのだと思います。余談ですが下ネタが大好きみたいです(笑)

 > もともとハンデを背負っている日本人が、英語を感覚でわかるようになるまでには相当の努力を強いられそうですが、その日が来るまでお互い頑張りましょう!

 だから面白いんだと思います(かなり強がっていますが)。でもその領域にもし達したら、彼には経験できない感動を味わえるんだと思います。その日が来るまでお互い頑張りましょう!

 コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。