カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/09 (Mon) 17:08
リーディング

 英語の4技能で何が一番大事かということがよく議論になりますが、誤解を恐れずに書けば、私はリーディングが一番大事だと思っています。

 こちらの学校の先生にも同じ考えの人がいまして、その先生の話を聞いてますますそう思うようになりました。ちなみに最近英語の勉強法の本を本屋で立ち読みして(日本語の本です)、その本でもそう書いてあったので、まーこのように考える人は少数派ではないのかもしれません。

 私がそう考える理由は、リーディングが一番英語に触れられるというものです。どんなに早口で英語を話そうがリーディングの速さにはかないません。まして、どんなに速くディクテーションしても、スピーキングに追いつけないのは言うまでもないので、結局リーディングが最速ということになります。最速イコールそれだけたくさん英語に触れられるという公式が成り立ちます。

 これに関しても以前書きましたが、英語脳の回路を創るためには、どれだけたくさん英語に触れたかで決まると思うので、いかに早く英語脳を創るかを考えた時に、リーディングしまくるのが一番の近道だと思うわけです。

 かなり偏った考えだとは思いますが、一日の勉強の中にリーディングトレーニングの時間を少しずつ増やしていきたいと思います。

 P・S 他の勉強を怠るという意味ではありません(^^)。もちろんどれも大事だけど、あえて書けばリーディングが一番かと・・・。
スポンサーサイト

<< 口笛 | ホーム | 心地よさ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。