カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/12/03 (Thu) 15:37
ライティング

 私の学校では月に1,2回はライティングの宿題があるのですが、最近面白いことに気付きました。

 最初提出したものを、先生がチェックして、指摘されたところを書きなおして再度提出します。添削の際に当然先生は答えを書きません。書くのはヒントだけです。ただし私の場合ヒントだけだとどうしてもわからない場合が多々あるので、その時は他の先生に聞いています(これは反則行為とも言えます<笑>)。

 で、先月もいつものように、優しそうな先生に「これのどこがまちがってるんじゃい」と丁寧に質問したら、いきなり先生が考え込むポーズをして、短いセンテンスを根本的に変えてくれました(笑)。

 私が文章を英文で書く場合、当然の如く日本語で考えたものを翻訳するような形で英語に直していきます。そうすると、文法的には正しくてもネイティブはまず使わないようなへんてこな文章が出来上がる可能性が高くなるみたいです。

 その話をしたら先生も「まさにそのとおり」と言っていました。ネイティブらしい文章を書くには、たくさん読書をしたりして、英語の感覚を身につけていくのがやはり王道なんだと思います。なんか一生かかってもたどり着けないような気もしますが、いつか必ず目標とする頂が見えてくると思うので、そこを目指して少しずつ上って行きたいと思います。

 なんか久しぶりに余裕をもって更新できました(^^)
スポンサーサイト

<< いいんですか?(金八先生口調で) | ホーム | マクドナルド >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。