カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/01/10 (Sun) 16:13
こちらで聞いたちょっといい話。

 昨日、ありがとうにまつわるいい話を書くと宣言したので、めずらしく宣言を守ろうと思います(笑)。

 先週、今通っている学校で日本人向けのガイダンスを受けました。私は新人とはいえ、もうオーストラリアに9か月くらいいますが、ガイダンスに参加したメンバーのほとんどがこちらが初めてという人でした。

 その中である女性が、こちらにきてすごい体験をした話を聞かせてくれました。彼女は結構方向音痴らしく、あまり道を覚えるのも得意ではないみたいでした。

 ある日彼女が、バスに乗ってホームステイ先に帰っていった時です。こちらのバスはアナウンスとか一切しません(少なくともブリズベンとシドニーは)。それゆえ、自分の乗った停留所とかしっかり覚えていなければならないのは言うまでもありません。

 で、彼女はうろ覚えだったみたいで、「ここかな、否ここかな」と思っているうちに、降りなければいけない停留所はとっくの父ちゃんですぎてしまい、最終的に終点までバスに乗ってしまったそうです。

 もちろんどうしたらいいか分かりません。で、バスの運転手さんに、乗り越してしまった旨を伝えたら、「どうして早く言わなかったんだ」と怒られたそうです。

 その後「こちらに来て間もないことや、いろいろと事情を説明したら」、運転手さんがいきなり「ウェルカム」と言ってなんとバスを使って彼女の家まで送ってくれたそうです。

 「ウェルカム」と言われた時点で彼女は大泣きしたのは言うまでもありません。

 しかし日本と事情が違うとはいえ、普通に考えたらありえませんよね。

 この運転手さんのような人間になることが今年のというか、今後の目標です。私が運転手さんの立場ならどうするか考えましたが、流石にバスでは送っていかなかったことと思います(なんとか助けたとは思いますが)。

 いやー世の中いい人たくさんいるみたいですね(^^)。

 そんないい人の輪の中に常にいられるようにしたいと思う今日この頃の私です。

 今日も英語に関して一言も書かなかった・・・。

 
スポンサーサイト

<< 日頃の勉強(4) | ホーム | 今年の抱負 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。