カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/05/25 (Tue) 21:05
E-BOOKで単語を増やす。

 昨日ペーパーバックを読んでいて、「辞書を引かずに単語がすいすいわかったらいいのにな~~」とたわけたことを考えていました。そこで最近話題のkindle → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB はどんなものかと思い見てみました。

 確かにかなり魅力的なのですが、私は基本的に持ち歩いて英語の本を読むことはないので、結局買いませんでした。

 ただし「パソコンにペーパーバックをとりこんでkindleみたいな機能が使えたらな~~」とは思いました。

 そんな時、以前オーストラリアで知り合ったオランダの人に 外国の本をメールで送ってもらったことを思い出しました。その本はPDF形式だったのですが、パソコンで読むのはかなり目が疲れますし、本のレベルも私には結構高かったので結局読みませんでした(とんでもない奴ですね)。

 しかし、実際に紙の本を読むにしても、その本が電子化されていれば何かと重宝すると思い、早速インターネットでシドニーシェルダンのペーパーバックをPDF形式で手に入らないかを調べました。


 続きは追記で、

気が向いたらお願いします(^^)
英語学習ランキング
 なんで追記で書くかといいますと、ちょっと言えません(笑)。ちなみに恐ろしく簡単に手に入りますので、興味のある方は試してみてください。具体的に書くのはご勘弁ください(><)。

 ここからは、手に入ったことが前提で書かせていただきます。

 私はシドニーシェルダンの「The Sands Of Time」と「Bloodline」を手に入れました。

 たとえば読んでいてわからない単語に遭遇したとき、私のパソコンには英辞郎がインストールされているので、単語にカーソルを合わせるだけで訳語が簡単に調べられます。これだけでも便利なのですが、さらにPDFの検索機能を使い、ある単語(忘れてしまった人物名や地名などももちろん)がどこのページで使われていたとか、簡単に調べることができます。

 これは本当にペーパーバックでボキャブラリーを増やす人にとって最高のツールです。

 今までペーパーバックを読んでいて未知の単語には青線を引いて、それをPSSソフトに打ち込んで勉強していましたが、これからは知らない単語をドラッグアンドドロップするだけで、PSSソフトに入力することができます。

 さらにある単語を忘れたとしても、すぐにどこで使われたか分かりますし。とにかくこれまた本当にマジで(ちょっと強調しすぎ!)私の英語学習にとって革命的なものです。

 あくまでこれからも紙の本を基本的に読みますが、PDFファイルを勉強の補助に使いながら、20000語レベルくらいまで語彙を増やしていけたらと思っています。

 もし今ペーパーバックでボキャブラリーを増やしている方いらっしゃいましたら、試してみてはいかがでしょうか?強くお勧めします(^^)。
 

 では!
スポンサーサイト

<< TOEICに向けて。 | ホーム | マンガで英語。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。