カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

しゅうさん

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/07 (Sat) 19:09
無駄なことはやはりない。

 タイトルのようなネタは何度か書いていますが、このごろつくづく思うのが、覚えて無駄な英単語はない!ということです。前回のsurpassもそうですが、最近ペーパーバックに出てくる英単語のボキャビルを始めたので、もう本当にわけのわからん単語がたくさん出てきます。

 そのうちの一つがgagという単語です。ご存知の方もいるかもしれませんが、この単語、日本語の「ギャグ」のルーツになった英単語で、代表的な意味は「猿ぐつわ」という意味です。

 物の本によると、
  
 息が詰まった時に出す擬音語が原義で、「猿轡(さるぐつわ」や
「言論の抑圧」も意味する。
擬音を発する仕草が滑稽であり、笑わせるために演じられていた
ことから、日本では笑わせるためのちょっとした台詞や仕草の
総称を「ギャグ」と言うようになった。


 だそうです。

 この単語お陰さまで一発で頭に入ったのですが、これはさすがに二度と出会うことないだろうなーと思っていました。ところが先日フレンズを見ていたら、主要登場人物の一人フィービーが、彼氏に猿ぐつわをつけて手錠をつけて~~と言っていました。字幕なしで見ていたので最初は聞き間違いかと思っていたのですが、そのあとのシーンでフィービーが口を手でふさいでいたので間違いないと確信しました。

 これ以外でも結構こういう体験を最近するようになりました。この様な体験をたくさんできるよう、できるだけ多くの英語に触れていこうと誓った今日の私でした。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。気が向いたらお願いします(^^)
英語学習ランキング


スポンサーサイト

<< フレンズ・シーズン9終了 | ホーム | ドラゴンボールでボキャビル(2) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。