カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/19 (Thu) 19:32
読破。

 
The WeddingThe Wedding
(2005/08/01)
Nicholas Sparks

商品詳細を見る


「The Wedding」を今日読み終えました。内容は、結婚生活の長い夫婦が、まーいわゆる倦怠期というか、要はあまりうまくいかなくなってきてしまい、それを頑張って出会ったころのような状態に戻そうと努力するみたいな話です。こんな適当なあらすじを見たら誰もが読みたくなくなりそうな気がします(笑)。

 正直中盤くらいまで、ロマンスが好きな人以外は、かなりつまらないかもです。ただし、最後まで読み終わった暁にはご褒美があります(^^)。ご褒美と言ってもなにかがもらえるわけではなく、話の展開で驚きの仕掛けを作者がしこんでいます。それ故この本に対する評価が3から4,5に上がりました(笑)。

 英語はかなり読みやすく(というか読みにくいと私は読めません<笑>)、単語レベルもそれほど高くないと思います。ちなみに今回も意味が推測できた単語および、まず2度とお目にかからないだろうという単語を除いて、自作単語プリントに書き込んだのですが、約250くらいですみました。

 ラブロマンスが好きで(前にも書きましたが私はそれほどでもありません。嫌いでもありませんが・・・)、ペーパーバックに挑戦したい人にはぜひお勧めします。しかしこの本は「The Notebook 」の続編なので、前作であるこちらを先に読んでから読んだ方がいいです。所々で、「The Notebook 」の登場人物が顔を出すので。

 
いつも見ていただいて本当にありがとうございます。気が向いたらお願いします(^^)
英語学習ランキング
スポンサーサイト

<< facbook | ホーム | カリン塔効果 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。