カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/09/05 (Sun) 21:19
中日:45歳の山本昌、3年ぶり完封はプロ野球最年長記録

 タイトルは、今日の毎日新聞のスポーツ欄からです。

 




 45歳の中日・山本昌。3年ぶりの完封はプロ野球最年長記録だ。お立ち台には当初1人で上ろうとしたが、捕手小田を連れ、「コーヘイがここに立たせてくれた」と12歳下の後輩をねぎらうことも忘れなかった。

 リラックスして臨めたマウンドだった。これまでの4試合は「一生懸命に投げすぎて」と山本昌。立ち上がりは安定感を欠いた。だがこの日は先頭の坂本に2球、緩いカーブを見せて130キロ台の沈む球で打ち取った。

 安打は許すが、のらりくらり。三回2死から四球と二塁打で二、三塁の危機にひんしても小笠原を追い込んでから外のスライダーで三振に仕留め、左こぶしを握った。連打を許さず、四球1、被安打6、三振4、111球。打たせて取る典型の完封劇に山本昌は「全く想像していなかった。夢みたい」と笑った。

 けがで調整が遅れて8月7日が初登板。「ダメなら、これが最後」と覚悟し、勝ち星を挙げた。だがその後も「最低3勝と、ローテーション維持」を現役続行のノルマに。趣味の無線操縦カー遊びを断ち、飲酒も控えめ。登板のない日は日付の変わる前に就寝し、節制する毎日だ。

 初勝利後、毎週土曜日に先発し3勝無敗。引退を意識せず「今日はちょっと気持ちが違った」。その結果が60年ぶり最年長完封記録更新に「シーラカンスだね。最後かもしれないけど」と笑った。

 通算勝利数は歴代19位の中尾碩志(巨人)の209勝に並んだ。さらに杉下茂の球団最多勝記録「211」にあと2。土曜日の試合はあと4試合ある。栄光と苦難を幾つも経験してきた「遅れてきたベテラン」の活躍は、仲間の大きな励みになる。【鈴木英世】




 山本昌投手と言えば、球界を代表する左腕であり、名球界入りも果たし、もうやり残したことはないと言えるくらいの実績があります。こんなことを言うのもなんですが、私のような一般人の目からすると、お金も一生働く必要がないくらい稼いでいるであろうし、何でそこまで現役にこだわってがんばれるのかという思いがどうしても出てきてしまいます。

 結局、「野球が面白い」からだと思うんですよ。野球は山本昌投手にとって何物にも代えられないとても大切なものであり、無線操縦カー遊びや飲酒を捨ててでも、やりたいものなんですよ多分。

 「これ面白くてやめられねー」というものを仕事にできる山本昌投手が、本当にうらやましいです。何回も何回も書いていますが、私の英語に対する思いも、山本昌投手のせめて半分くらい強くなれば、今頃かなりのものになっているんですがね~(笑)。

 山本昌投手は45歳なので、45歳までになんとかします。←早くなんとかせい!


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。気が向いたらお願いします(^^)
英語学習ランキング


 
スポンサーサイト

<< Joey | ホーム | 暑いですね。 >>

コメント

山本昌 杉下

山本昌 杉下

211勝で並ぶか。越えるか・・・。

燃えたね!さんへ。

 燃えたね!さん、こんにちは!

> 山本昌 杉下
> 211勝で並ぶか。越えるか・・・。

 山本昌投手はスクリューボールを覚えるまでは平凡なピッチャーで、確かアメリカでの新人合宿かなんかで、スクリューをマスターして頭角を現したと記憶しています。

 その投手が今では日本を代表するピッチャーになっているんですから、人の運命なんてわかりませんね(^^)。

 ペナントは中日が調子いいみたいですが、優勝できるかは山本昌投手の肩にかかっていると言っても過言ではないと思います。私は中立の立場なのでどこを応援するとかはないのですが、山本昌投手にはがんばって活躍してほしいです。

 コメントありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。