カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:しゅうさん
 某公社(11年)→某県英語講師(2年)→オーストラリア語学留学→某中学講師→某中学教員
 常に気になっているのが地球環境問題と世の中どうすれば良くなっていくか。30歳過ぎてから読書にはまり、英語の勉強の合間にいろいろな本を読んでいます。

ホームページ

「頑張らないけどあきらめない英語」の方もよろしくお願いします。(都内某所で英語勉強会も開催中です)

フリーエリア

 現在のTOEIC最高点  本試験→945点。 IP(オーストラリア)→885点。

最近の記事

もしよろしければクリックお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

見ていただいて感謝しています。

見てくれてありがとうございます。

現在の閲覧者数:

リンク

最近のトラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/09/08 (Wed) 21:37
自己啓発本を洋書で。

 まだ、以前紹介した「WALK TWO MOON」は読み終わっていないのですが(と言っても今週中には読み終わります)、ずいぶん前に買った「How to Stop Worrying and Start Living 」をたまたま手に取ったら、あまりの読みやすさに、読む手が止まらなくなってしまいました。


How to Stop Worrying and Start LivingHow to Stop Worrying and Start Living
(1990/09/15)
Dale Carnegie

商品詳細を見る



 以前に何かの本に英語のビジネス書は意外と読みやすいと書いてあったのを思い出しました。日本語で読む場合は、小説よりもビジネス書の方が難しい感じがしますが、それは私たちが日本語の語彙に関して不自由していないからだと思います。

 何が言いたいのかと言いますと、英語で小説を読む場合(児童書も含めて)、知らない語彙が本当に出まくります。スラング等も小説にもよりますが、基本的にはたくさん出てきます。しかし、ビジネス書ではスラングが出ることはとても少ないですし、小説に比べて使われる語も限られています。

 つまり内容に関してはビジネス書の方が難しい部分はあるかもしれませんが、その部分を含めて考えても、小説を読むよりも読みやすいんです(この一冊で判断するのもなんですが)。

 実は、「道は開ける」というこの本の日本語版の力を借りて、以前この本は読み終えているのですが、あえてもう一度読破したいと思います。辞書をほとんど使わないで読めるのが本当に気持ちいいので(^^)。ただ単に語彙学習から逃げているという噂ですが・・・。


いつも見ていただいて本当にありがとうございます。気が向いたらお願いします(^^)
英語学習ランキング


 
スポンサーサイト

<< 途中でやめないでよかったです(^^)。 | ホーム | ボキャビル >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。